一時フォルダの最適化

ブラウザのキャッシュ保存ドライブを変更

Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標

インターネットブラウザは、表示速度を向上させる目的で、一度開いたページをキャッシュ保存する仕組みになっています。 インターネット回線を経由した場合と、キャッシュを利用した場合を比較すると、データ速度が桁違いですからキャッシュを利用した方がはるかに効率的です。 ただし、ページを表示する度にキャッシュとして書き込んだり読み込むため、HDDのデータ回線を圧迫し、システム全体のパフォーマンスを低下させたり… [ 続きを読む ]

一時フォルダの最適化 - 2013年5月9日

一時フォルダをDドライブに設定

Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標

一時フォルダ(テンポラリフォルダ)は、Windowsやアプリケーションソフトが作製する一時的な作業ファイルを展開するフォルダの事です。 この一時フォルダは、システムはアプリケーションが起動中、頻繁にデータを作製・更新を行う為、ファイルの断片化を引き起こす原因になっています。 しかも、システムドライブに作成されるので、頻繁にデータアクセスする関係上、Windowsのパフォーマンスを低下させる要因とな… [ 続きを読む ]

一時フォルダの最適化 - 2013年5月2日

スワップファイルを終了時に削除する

Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標

パソコンを使っていると、仮想メモリの領域にスワップファイルが生成されます。 スワップファイルは、一時的にファイルを保存しておく為のファイルなので、一度使い終わったら不必要なゴミファイルになります。 この様な一時ファイルは、そのままHDDに残っていると、ファイル断片化の原因にもなります。 しかし、不要なスワップファイルが消去されず、残ってしまう事があるので、Windows終了時に確実に消去する事が望… [ 続きを読む ]

一時フォルダの最適化 レジストリの最適化 - 2012年1月10日

一時ファイルの保存先をDドライブに変更

Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標

Windowsは、ソフトをインストールするときや、ダウンロードなど、さまざまな場面で、一時的なファイルを生成しては消去しています。 このような一時ファイルは、通常、WindowsがインストールされているCドライブに作られるのですが、頻繁に生成、消去を繰り返すので、システムディスクに大きな負荷をかけ、ファイルの断片化の元にもなってしまいます。 そこで、一時ファイルの生成場所をDドライブなどに変更すれ… [ 続きを読む ]

一時フォルダの最適化 - 2011年12月25日

マイドキュメントの保存ドライブを変更

Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標

マイドキュメントは、Windowsがインストールされているシステムディスク(多くの場合Cドライブ)に保存されているフォルダですが、システムディスクにマイドキュメントのような個人ファイルを保存すべきではありません。 なぜかというと、万一システムが重大なエラーで故障したとき、個人のファイルまで消失してしまう恐れがあるからです。 さらに、システムディスクは、負荷が高く、メモリキャッシュなどによる断片化が… [ 続きを読む ]

アクセス速度&空き容量アップ 一時フォルダの最適化 - 2011年12月24日



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)