スワップファイルを終了時に削除する


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

パソコンを使っていると、仮想メモリの領域にスワップファイルが生成されます。
スワップファイルは、一時的にファイルを保存しておく為のファイルなので、一度使い終わったら不必要なゴミファイルになります。
この様な一時ファイルは、そのままHDDに残っていると、ファイル断片化の原因にもなります。

しかし、不要なスワップファイルが消去されず、残ってしまう事があるので、Windows終了時に確実に消去する事が望まれます。

そこで、レジストリを変更し、Windowsの終了時にスワップファイルを自動消去するよう設定変更しましょう。

ちなみに、スワップファイルを消去する事は、ファイルの断片化に効果がありますが、断片化がゼロになるわけではないので、定期的なデフラグは必要です。

以下、レジストリ設定を変更する内容が含まれているので、適切なバックアップを作成してから自己責任で作業するようお願いします。
レジストリのバックアップ方法と復元方法

-スポンサードリンク-

スワップファイルを終了時に消去にする方法

Windows XP/Vista/7



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/reji_12.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)