エラーメッセージを表示させない


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

アプリケーションが何らかの不具合を起こし、フリーズしてしまった場合、「応答なし」と表示されたり、Windowsの終了時にも、ソフトウェアが正しく終了出来ずにフリーズした場合、「応答待ち」、「応答なし」とエラーが表示されます。(Windowsのバージョンによって若干表現が異なります)
このメッセージの短縮方法はエラー表示の待機時間を短縮するで紹介しましたが、このメッセージそのものを非表示にしてしまう事が出来ます。
いちいち「応答なし」と表示されるメッセージが煩わしい方もいると思うので紹介します。
ただし、Windowsがエラーと判断した場合、強制的に終了させてしまうので、保存する前のofficeソフトなど、容赦なく終了してしまいます。
この様な不都合がある事を理解した上で設定変更しましょう。
(個人的にはあまりおすすめしません)

以下、レジストリ設定を変更する内容が含まれているので、適切なバックアップを作成してから自己責任で作業するようお願いします。
レジストリのバックアップ方法と復元方法

-スポンサードリンク-

エラー表示の待機時間を変更する方法

Windows XP/Vista/7

変更内容を有効化するには一度再起動させる必要があります。
以上で設定は終了です。



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/reji_07.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)