エラー表示の待機時間を短縮する


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

アプリケーションが何らかの不具合を起こし、フリーズしてしまった場合、「応答なし」と表示されたり、Windowsの終了時にも、ソフトウェアが正しく終了出来ずにフリーズした場合、「応答待ち」、「応答なし」とエラーが表示される事があります。(Windowsのバージョンによって若干表現が異なります)

Windowsの標準設定では、ソフトウェアのエラーを検知してから、5秒待ってからエラーメッセージを表示するようになっていますが、これはかなり余裕を持たせた設定なので、短縮する事が出来ます。
通常1~2秒も待てば十分だと思います。
逆に、0秒にしてしまうと、ソフトウェアのフリーズではなく、単なる処理待ちもエラーと誤認してしまうので注意してください。
ですから、少なくとも1秒程度は待ち時間を設ける必要があります。
勿論、1秒でエラーが多発するようなら、もう少し待ち時間を長めに設定しなおし、微調整しましょう。

また、標準設定で「応答なし」が頻繁に出るようなら、5秒では短すぎるのかもしれません。
長めに設定し様子を見ましょう。

以下、レジストリ設定を変更する内容が含まれているので、適切なバックアップを作成してから自己責任で作業するようお願いします。
レジストリのバックアップ方法と復元方法

-スポンサードリンク-

エラー表示の待機時間を変更する方法

Windows XP/Vista/7

変更内容を有効化するには一度再起動させる必要があります。
以上で設定は終了です。



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/reji_06.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)