OSのカーネルを仮想メモリに配置しない様にする


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

カーネルとは、OSの大本となるプログラムの事で、ソフトウェアやハードウェアの処理を管理しています。

この大切な部分が、仮想メモリ(HDDを仮想的にメモリにする機能)に入れられてしまうと、システム全体のパフォーマンスが一気に低下します。
Windowsの通常設定では、まずこの様な事は起きないと思いますが、レジストリの標準設定では、カーネルを仮想メモリに配置する事が許可されているので、変更した方がよいでしょう。
※設定変更すると速度UPすると言うより、遅くならない様にする設定になります。

以下、レジストリ設定を変更する内容が含まれているので、適切なバックアップを作成してから自己責任で作業するようお願いします。
レジストリのバックアップ方法と復元方法

-スポンサードリンク-

カーネルを仮想メモリに配置しない様にする。

Windows XP/Vista/7



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/reji_14.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)