不要なアプリケーションを削除して速度アップ


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

パソコンの中には意外と使わないアプリケーションがたくさんあります。
このようなアプリケーションは、単にHDD容量を圧迫するだけでなく、不必要なデータによって、ファイルが断片化したり、アクセス速度が低下したりします。
さらに厄介なことに、定期的に自動更新プログラムが動くタイプもあるので、不必要なアプリケーションを削除し、パソコンをすっきりさせましょう!

ただし、必要なアプリケーションを間違って消去してしまうと、再インストールが面倒だったり、設定情報が失われてしまうことがあります。
この作業をする前には必ず、パソコンのバックアップを取ってから行いましょう。

-スポンサードリンク-

不要なアプリケーションの削除方法

WindowsXP

 

WindowsVista / 7

※ここにはウイルス対策ソフトなど、消去してはいけないアプリケーションも多数あります。 よくわからないプログラムは消去しないで、確実に不要なソフトだけにしましょう。
また、アイコンや、名前の似ているソフトも少なくないので、よく確認しながらアンインストール作業を行なってください。

また、アプリケーションのアンインストールを行うと、レジストリ(ソフトの設定データなど)が残ってしまう事があります。
他のWEBサイトでは、レジストリの肥大化はパフォーマンス低下につながると記載されている事が多いのですが、WindowsXP以降のOSを使っているならパフォーマンス低下はほぼゼロに等しいほど少なくなっています。

詳しくは、レジストリクリーナーは必要!?を参考にしてください。



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/hdd_02.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)