ハードディスクのアクセスキャッシュを有効にする


Windows(7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

Windows7には、HDDのアクセスを軽減する為の拡張キャッシュ機能が存在します。
Windows7世代のPCは、比較的スペックの高いPCがそろっていますが、いくらCPUが高速でもHDDの書き込み速度はほとんど変わっていません。
HDDへのアクセス量が増えると、Windowsそのものの動作が遅くなってしまうのです。

そこで、ハードディスクのアクセスをキャッシュに一時保管する、拡張キャッシュ機能を有効にする事で、Windowsのパフォーマンスを向上させることが出来ます。
ただし、この機能を有効にした場合、ハードディスクへの書き込み速度が向上する半面、停電や予期せぬ事態によりシャットダウンしてしまうと、通常設定よりも多くのデータにダメージが加わります。
これは、「PC処理→HDD書き込み」と言う通常の設定とは違い、「PC処理→キャッシュに保存→HDD書き込み」とう処理を行う為、キャッシュ化されたデータは電力喪失により消えてしまうからです。
以上の理由から、この設定を行う為にはバックアップ電源(UPSなど)を設置した環境や、ノートパソコンの様にバッテリー駆動するPCなど万一の時に、正常にシャットダウン出来る環境が必要です。
オムロン 無停電電源装置(常時商用給電/正弦波出力) 350VA/210W BY35S

最近は比較的安価なバックアップ電源が発売されています。
1万5,6千円からのモデルでもパソコン用途としては十分な性能のUPSが購入できるので、一台持っていてもよいでしょう。
(家庭向けのUPSは停電した時に3分程度電力を供給する能力があります。)

-スポンサードリンク-

デバイスの書き込みキャッシュバッファーのフラッシュをオフにする

Windows7

以上で設定変更は終了です。



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/w7_01.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)