スクリーンセーバーを「なし」にする


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

スクリーンセーバーは常にPCのキーボードやマウスなど、周辺機器を監視し、一定時間が経過するとスクリーンを切り替える”常駐ソフト”のひとつ。
もともとスクリーンセーバーは、ブラウン管の焼きつきを防ぐ目的なので搭載されています。
現在主流の液晶モニタは焼きつき現象が無いので、スクリーンセーバーは必要ありません。
不必要な常駐ソフトを消し、Windowsを軽量化しましょう。

-スポンサードリンク-

スクリーンセーバーの停止方法

Windows XP

Windows Vista/7



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/si-06.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)