仮想メモリの容量をスペックに合わせて変更する


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

仮想メモリは、ハードディスク上に記録されるメモリで、物理メモリの補助的な役割を担い、「ページングファイル」とも呼ばれています。
仮想メモリは物理メモリと比べアクセス速度が非常に遅いので、Windowsの動作を高速化する為には十分なメモリを搭載する事が何より重要です。
近年はメモリの単価も値下がりし、4GB以上のメモリを気軽に搭載できるようになっているので、是非メモリの増設にも挑戦してみましょう!

仮想メモリ(ページングファイル)のサイズは、、WindowsXPでは、物理メモリの1.5倍の容量、WindowsVista/7では1倍の容量が標準設定されますが、この容量は必ずしも適正な容量ではない事があります。

例えばメモリ容量の少ない(1GB程度)パソコンは、2倍の2GBに設定した方が安心ですし、8GB以上の大容量メモリを搭載しているパソコンは、ほとんど仮想メモリを使わずに済みます。

物理メモリの容量別に場合分けするとこの様になります。

物理メモリ容量 仮想メモリ(ページングファイル容量)
1GB以下 物理メモリの2倍を目安に仮想メモリを設定
1GB~3GB 物理メモリの1.5倍~1倍を目安に・・・
3GB~8GB ほぼ物理メモリで間に合うので、仮想メモリは1GB~4GBあれば十分
8GB以上 ページングファイルは必要ないと思いますが、1GB程度は設定しておいても良いでしょう。

また、ページングファイルは初期サイズと最大サイズを指定できるようになっていますが、どちらも同じ容量を指定するようにしましょう
初期サイズと最大サイズが異なると、HDDに生成されるページングファイルの容量が可変するので、ファイルの断片化が起こり易くなります。

以上の事を参考に、仮想メモリの容量を変更してみましょう!

-スポンサードリンク-

仮想メモリの容量の変更方法

Windows XP/Vista/7

以上で設定は終了です



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/set_04.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)