自動更新プログラムを手動更新に切り替える


Windows(XP/Vista/7)対応 速度アップ指標
-スポンサードリンク-

Windowsには、定期的にセキュリティーやバグを更新するプログラムが公開されると、自動的にダウンロードと更新作業が実行されるように設定されています。
この様な自動プログラムはシステムの安全上便利な機能なのですが、アップデートプログラムが配信されると、ユーザーの意思に関係なく実行される為、パフォーマンスが低下してしまいます。
ゲームの実行中など、PC負荷の大きな時に突然コマ落ちしたり、回線が圧迫される事につながるので、意外と厄介なプログラムです。

自動実行を停止すれば、パソコン負荷のかからない時を狙って更新作業を行えるので、例えばパソコン作業の終了時や、寝ている時にまとめて更新する事も可能です。
その代わり、定期的に手動更新するように心がける必要があります。

-スポンサードリンク-

更新プログラムの自動確認を停止する方法

Windows XP 

Windows Vista/7 

自動更新プログラムを停止する場合、最低でも月に一回はプログラムの更新を確認するようにしましょう。



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/kidou_06.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)