PC起動時に、POST情報を表示させる


-スポンサードリンク-

パソコン高速化に直接関係ありませんが、BIOS設定の基本なので紹介しておきます。

パソコンの電源を入れると、BIOSが起動し、接続デバイスにアクセスし、初期化を行います。
この機能をPOST(Power On Self Test)と呼びます。

このPOST情報がどんな時に役立つかと言うと、例えばパソコンのメンテナンスや新しいデバイスを接続してエラーが発生した場合、このPOST情報を見て原因の特定をしたりします。

POST画面はこのようにデバイスの状態や初期化情報が表示されます。
POST画面

ただし、BIOSの初期状態では、「Full Screen Logo」と呼ばれるメニュー画面が表示され、POST情報を隠してしまいます。

「Full Screen Logo」には、BIOS表示の割り当てキーなどの情報が記載されていることも多く、まったく無意味ではありませんが、割り当てキーの確認ができた後は表示させる必要はありません。

-スポンサードリンク-

「Full Screen Logo」は↓この様なメニュー画面です。(パソコンの電源を入れた時に、比較的初期の段階で表示されます。)
「Full Screen Logo」

POST情報を表示させるためには、BIOSの設定を変更する必要があります。
まずは、〔Del〕キー等を押しながらPCの電源をいれ、BIOSを起動させましょう。
BIOSの起動方法は、姉妹サイトの「BIOS画面の呼び出し方」を参考にしてください。

BIOSはAMI BIOS、Award BIOSの2種類あり、操作方法が異なります。
↓これはAMI BIOSの表示例

BIOSからPOST表示の設定をする

AMI BIOSでPOST表示させる方法
まず、「Boot」メニューを選択します。
Bootメニューから「Boot Settings Configuration」サブメニューを表示させ、Full Screen Logoを「Disabled」に設定変更します。
設定が終わったら、〔F10 〕キーを押して、変更内容を保存しましょう。

Award BIOSでPOST表示させる方法
「Advanced BIOS Features」メニューの「Full Screen Logo Show」を「Disabled」に変更しましょう。
設定が終わったら、〔F10 〕キーを押して、変更内容を保存しましょう。

パソコンを再起動し、下のようなPOSTメニューが表示されていることが確認できれば設定は完了です。
POST画面

 



関連記事


-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバック URL : http://jisaku-pc.net/speed/bios_02.html/trackback



Windows高速化のツボ!!( Vista/7/8/8.1/10対応)