Windows Virtual PCで「仮想マシンの作成」がない場合

公開日:2013年3月26日
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。

Windows Virtual PCをインストールし、仮想マシンを作成しようと思ったら、本来あるはずの「仮想マシンの作成」ボタンが見当たらない。
↓「共有ボタン」と「新しいフォルダー」の間に、「仮想マシンの作成」があるはずなのですが・・・
virtualpc_cre_01
最初はインストールのミスかと思って、再インストールしてみても、やはり結果は同じ、
何が問題なのか見当もつかず、ネットでいろいろ調べてみると、やはり同じような症状の方はちらほら見かけました。

sponsored link

原因は、レジストリの改変
普段はレジストリ関連はあまりいじらないのですが、ちょっとイタズラした部分がもろに影響していました。

修正方法はレジストリの設定を変更する事。
以下のコードをメモ帳などに記入し、ファイル名を[***.reg]として保存。(***は任意の文字列で可)
作成されたレジストリをダブルクリックするだけで設定が読み込まれます。


Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\Shell\BagMRU]
[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags]
[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\BagMRU]
[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags]


参考:http://blog.livedoor.jp/kopro/archives/51519230.html

レジストリ修正後、再び仮想マシンを起動すると、下のように「仮想マシンの作成」ボタンが表示されるようになるはずです。
virtualpc実行

今回の教訓
レジストリは極力いじらない事orz



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED