「 A disk read error occurred 」で起動しない時の解決方法

公開日:2014年4月22日
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
ディスプレイに 「Operating System not found」とだけ表示され、パソコンの処理が停止します。

ディスプレイに 「Operating System not found」とだけ表示され、パソコンの処理が停止します。

「A disk read error occurred」エラーでパソコンが起動しない問題は、は文字通りディスクからデータを読み込めなかったことを示すエラーになります。
(※ディスクとは、OSがインストールされたHDDやSSDです。)

パソコンを起動するためにはWindowsがインストールされたディスクにアクセスし、Windowsを呼び出す必要があります。
しかし、何らかの不具合が生じてディスクにアクセスできず、パソコンが起動しないという訳です。

このトラブルの原因はハードウェアとソフトウェアの両方が関係しているため、エラーメッセージから原因を特定することはできません。
ですが、原因となる部分は限られているので一つ一つ探っていけば比較的簡単に不具合部分を見つけ出すことは可能です。

目次

sponsored link

「 A disk read error occurred 」の原因は?

[A disk read error occurred]エラーはWindowsデータが読み込めないために起きる不具合です。
主な原因は以下の通り。原因ごとの対処法については「 A disk read error occurred 」の対処法で説明します

  • 「光学メディア(CD・DVD等)やフロッピーが入っている」
    パソコンに光学メディアやフロッピーが入っている状態でパソコンを起動時すると、優先的に読み込んでしまうことがあります。
    光学メディアやフロッピーにはWindowsが入っていないのでエラーが発生します。
    ⇒光学メディアやフロッピーを取り出して起動させてみましょう。
  • 「マザーボードの電池切れ」
    長年使い続けているパソコンはマザーボードのボタン電池が切れてしまい、BIOSが初期化されることがあります。
    ⇒マザーボードのボタン電池を交換しましょう
  • 「BIOS設定・CMOS初期化による設定変更」
    以下のいずれかに該当する場合、BIOSの設定に問題があるかもしれません。
    BIOSの設定変更、CMOSクリア、ディスク(ドライブ)の増設や取り外し
    ⇒BIOSを起動し、起動ドライブを適切なドライブ設定することで修復できます。
  • 「SATAケーブルの接点不良」
    WindowsがインストールされたHDDとパソコンをつなぐケーブルが緩んでしまうことがあります。
    ⇒接続ケーブルの変更、接続ポートの変更、またはケーブルの挿し直しにより改善する可能性もあります。
    場合によっては接点回復剤を利用してクリーニングするとより効果的です。
  • 「ファイルシステムやフォーマットの破損」
    Windowsが破損してしまったり、HDDのフォーマット情報やファイル情報が破損してしまうと、OSを認識できなくなります。
    結果的にディスクを読み込むことができず、エラーとなります。
    ⇒回復コンソールを使い、Windowsを復旧させることで修復可能です。

「 A disk read error occurred 」の対処法

「光学メディア(CD・DVD等)やフロッピーが入っている」

7659918原因の項目でも書きましたが、メディアを取り出してパソコンを起動させてみましょう。
もし、CD/DVD/FDなどが無い状態でエラーが出る場合は次のBIOS設定を見直してみましょう


「マザーボードの電池切れ」

CMOS用電池マザーボードにはBIOSのバックアップ用電池が切れてしまうとBIOSが初期化されてしまい、OSがインストールされたディスクが読み込まれず、エラーになることがあります。
早いものは製造から5年程度で電池切れとなってしまいます。
電池切れの確認方法は、次の「BIOS設定・CMOS初期化による設定変更」を参考にBIOSを起動させ、現在時刻がずれていれば電池切れかもしれません。

電池の交換方法は
BIOSの不具合でパソコンが起動しない時の対処」を参照


「BIOS設定・CMOS初期化による設定変更」

BIOSの設定を変更したり、CMOSを初期化すると、OSがインストールされたディスクが読み込まれず、エラーとなります。
長年使い続けているパソコンの場合、マザーボードの電池が切れ、
BIOSを起動させ、設定画面から設定を見直してみましょう。


パソコンの電源ボタン1.パソコンの電源を入れる


〔ESC〕キーを押す2.パソコンディスク例にロゴ画面が表示されるので、キーボードの「 F2 」キーなどの「呼び出しキー」を押し続けるとBIOSが起動します。
(ロゴ画面は数秒しか表示されないので、電源を入れる前からキーを押し続けてもOK)
パソコンメーカーごとの「呼び出しキー」は下の通り


メーカー 呼び出しキー
東芝(一部) [ESC] ⇒ [F1]
その他パソコンメーカー [F2] (機種により異なる場合あり)
自作パソコン [F2] or [Delete](マザーボードによって呼び出しキーが異なります。)
例外 [Enter] ⇒ マウス操作など(富士通のパソコンでこの様な機種を見たことがあります。)

BIOSは[Award BIOS]、[AMI BIOS]、[Intel Visual BIOS]3種類あり、メニュー画面がことなります。
メーカー製のパソコンは、ほとんどAMI BIOSをカスタマイズした物が使われているので、ここではAMI BIOSを例にBIOSの設定方法を紹介します。
BIOSの操作は、すべてキーボードで操作します。
キーボードの[→]、[↑]、[→]、[↓]ボタンでメニューを選択し、[Enter]ボタンで決定、[Esc]ボタンで前に戻る若しくはBIOSの終了となります。
他のボタンにも機能が割り振られていますが、上記の6つのボタンですべて操作できます。

02BIOS画面が開いたら、日本語に切り替えると操作しやすいのでお勧めです。
(すでに日本語になっている場合もあります)
[Main]タブで[]キーを押し[Language]の項目を選択し[Enter]を押します
日本語を選択し、[Enter]を押すと言語が切り替わります。


04[]キーを押し[Boot]もしくは[起動]タブを選択します。

次に、[ハードディスクドライブ]を選択します。
(!起動デバイスの優先度ではありません)


05[ドライブ1]にWindowsがインストールされているドライブになっているか確認してください。

もし異なっていれば[ドライブ1]を選択して[Enter]を押します
ドライブの一覧が表示されるので、Windowsがインストールされているドライブを指定して[Enter]を押します
もしWindowsがインストールされているドライブが分からない時は、順番に設定してWindowsが起動するか確かめてみましょう。

設定が終わったら、[ESC]キーを押して前の画面に戻ります。


03[起動デバイスの優先度]を指定して[Enter]を押します


07[起動デバイス1]を指定して[Enter]を押します

[オプション]メニューが開くのでWindowsがインストールされたHDDを選択して[Enter]を押します

設定が終わったら、[ESC]キーを押して前の画面に戻ります。


08[終了]タブを指定して[変更を保存して終了]を押します

以上で正しくBIOSの起動ディスクが設定されたはずです。
パソコンを再起動させ、Windowsが起動するか確認してみましょう。

もし、「 A disk read error occurred 」エラーが発生したら、WindowsがインストールされたHDDが正しく設定されているか確認してください。
それでも同じエラーが発生する場合、次の「SATAケーブルの接点不良」へ進んでください。


「SATAケーブルの接点不良」

_DSC0311デスクトップ型のパソコンは、ドライブとマザーボードを接続するケーブルがこの様にケーブルが緩んでいることがあります。
各種ケーブルが正しく挿入されているか確認してください。
また、ケーブルの挿し直しにより改善する可能性もあります。
場合によっては接点復活剤を利用してクリーニングするとより効果的です。


「ファイルシステムやフォーマットの破損」

パソコンのHDDは偶発的にファイルシステムが破損し、エラーが発生することがあります。
この場合、「システム回復オプション」の「chkdsk」コマンドで修復することが可能です。

ただし、HDD自体が破損している場合は症状が改善するどころか悪化させてしまう恐れもあります。
パソコンに衝撃を与えてしまった
ハードディスクから異音がする
大切なデータが入っている
などの場合、むやみに自分で修復しようとすると症状がより悪化してしまいます。大切なデータを復元したい時は、復旧業者に依頼した方が確実です。

_DSC0327システム回復オプションから「chkdsk」を実行する方法
(以下、Windows7で説明しますが、Vistaや8でも同様です。)

1.Windowsのインストールディスクをパソコンにセットし、”インストールディスク”からパソコンを起動させます。
※インストールディスクから起動させるためには、BIOSから起動ドライブをCD/DVDに設定する必要があります。

上記の「BIOS設定・CMOS初期化による設定変更」を参考に設定を変えてください


Windows7 インストール画面Windowsのインストールディスクからパソコンを起動すると、最初にこの画面が表示されます。
表示まで以外と時間がかかる事があります。場合によっては5分程度画面に変化が無いこともありますが、焦らず待っていれば表示されます。

2.言語やキーボード設定を確認し「次へ」をクリックします


Windowsセットアップ画面3.「コンピュータを修復する」をクリックします

HDDがスキャンされ、オペレーティングシステムの検索が始まります。


システム回復オプション4.オペレーティングシステムが無事見つかると、「システム回復オプション」が起動します。
「Windowsの起動に伴う問題の修復用ツール・・・」にチェックを入れます。
この時、オペレーティングシステムの「場所」をメモしましょう。
この場合(F:)になります。


ちなみに、10分以上スキャンしてもオペレーティングシステムが見つからない場合、HDD自体が故障している可能性があります。
故障しているHDDをシステム回復オプションで修復する事は出来ないばかりか、いたずらにHDDにアクセスすると自体を悪化させてしまいます。
すぐにスキャンを中止し、データ復旧業者などに復旧依頼をしてください。

システム回復オプション5.「コマンドプロンプト」をクリック


com6.コマンドプロンプトが開くので、
[chkdsk (↑でメモした場所): /f]と入力し、キーボードの[Enter]を押します。

修復が開始されるので終了するまでしばらく待ちます。

修復が終わったら、[exit]と入力し、キーボードの[Enter]を押してコマンドプロンプトを閉じます。
システム回復オプション」画面の再起動ボタンをクリックしてパソコンを再起動します。

Windowsが通常起動すれば復旧は成功です。

 


修復できない時はデータ救出を優先する

359807690_b69066c279_zもし、上記の方法でうまく修復できない時は、とりあえずデータの復元を最優先しましょう。
すでにバックアップを作成していたり、データ救出の必要が無いなら、パソコンのリカバリー(初期化)でソフトウェアの問題は解決します。

HDDが故障している時は、HDDを交換するか、メーカーに修理依頼を出しましょう。
Photo by: GeoJono


データ復元方法

データを復元する方法として、
CDから起動するUbuntuを利用してデータを取り出す方法と、
HDDをUSB変換ケーブルで別のパソコンにUSB接続してデータを取り出す方法があります。
いずれも、HDDが物理的な故障が無い場合に有効です。

少し手も怪しいHDDはむやみに操作せず、データ復旧業者へ復旧依頼した方が賢明です。
自分でデータの救出する場合は、私が運営する姉妹サイト「データ復旧大図鑑」のコンテンツをご活用ください。
起動しないパソコンからUbuntuを利用してデータを救出
起動しないPCからHDDを取り出し、別のPCに繋いでデータ復旧
起動しないノートPCからHDDを取り出してデータを復元する方法



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED