2017/08/20

マザーボードをケースに取り付ける

スポンサーリンク

マザーボード

パソコンケースにマザーボードを固定します。固定には、”インチネジ”を使うのでドライバーを準備しましょう。

インチネジはPCケースに付属しているものを使います。(インチネジは写真中央のネジ)
※PCケースによっては専用の固定具を使うタイプもあります。

パソコンケースのパネルを開く

パソコンケースの左右両方のパネルを外します。
パネルはケース後ろ側に上下2か所のネジで止められています。
ネジは指でつまんで外すことができます。(指で回せないときはドライバーを使いましょう。)
ケースパネルを開く

ネジを外したら、ケースカバーを後ろ側に引くとケースパネルが外れます。
同様の手順で反対側のパネルも取り外しましょう。
ケースパネルを後ろに引くと外す

I/Oパネルを取り付ける

ケースパネルを外したら、マザーボード付属のI/Oパネルをケースに取り付けます。
I/Oパネルはホコリの侵入を軽減したり、インターフェイスが見やすくなります。
ケースが特殊なもはマザーボードに付属するI/Oパネルが合わないことがあります。
この場合は無理に取り付けようとはせず、そのままマザーボードを固定しましょう。
I/Oパネル

I/Oパネルをケースの内側からはめ込みます。
I/Oパネルは上下があるのでマザーボードのインターフェイスと合致する向きに取り付けます。
I/Oパネルの取付

I/Oパネルの周りには小さな突起物がついています。
この”ポッチ”がケースの外側から確認できれば正しくはめ込まれた証拠です。
I/Oパネルの突起物

マザーボードのスペーサーねじを取り付ける

パソコンケースにスペーサーを取り付けます。
スペーサーは最初からケースに取り付けられていたり、特殊な固定具が使われている事があります。その場合、スペーサーねじを取り付けの必要はありません。

↓これが「スペーサー」です。六角形の形をしています。
マザーボードに取り付けるときは手で締め、ラジオペンチを使って増し締めします。
マザーボードスペーサー

強い力で締め付ける必要はありませんが、固定しにくい場合はボックスレンチいう道具を使うと楽に作業できます。
ボックスレンチ(マザーボード適合サイズ)
★ミニストロングボックスレンチ4.5mm(M2ナット用) イーグル2966

スペーサーを取り付けるときは、マザーボードの取り付け穴を確認しましょう。マザーボードには下の写真のようにねじの取り付け穴が6~9箇所ほど空いています。
この穴と同じ位置になるようにパソコンケースにスペーサーねじを取り付けます。
マザーボードの取り付け穴

パソコンケースに取り付けたスペーサーねじ。このように、ねじを最後まで回して固定してください。
スペーサーねじをケースに取り付ける

マザーボードの固定

スペーサーを取り付けたらマザーボードをケースに載せます。
写真のようにCPUクーラーを持てば静電気によるショートを回避する事ができます。
CPUクーラーは割としっかり固定されているので、乱暴に扱わなければ外れることはまずありません。
マザーボードの固定

I/Oパネルとマザーボードのバックパネルの位置があっているか確認しながら作業しましょう。
インターフェイスとI/Oパネルの位置を合わせる

スペーサーとマザーボードのネジ穴を合わせるように正しい位置に設置します。
スペーサーとマザーボードの穴位置を確認

インチネジを使ってマザーボードをケースに固定します。
ネジは下記の番号順のように対角線上にネジ止めし、一度に締めず、全てのネジを仮止めしてから増締めするのが基本
ただしあまし強く締め付け過ぎるとマザーボードが割れる恐れがあるので緩まない程度に固定するだけでOK
ねじは対角締め

通常は八箇所で固定しますが、安価なケースなどスペーサーの位置が微妙にずれていたりして、すべて固定することが出来ないことがあります。
この場合、無理に固定しようとするとマザーボードが破損することもあるので、固定できないスペーサーはマザーボードから取り外し、残りのねじで固定します。

以上でマザーボードの取り付け完了です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで自作工房をフォローしよう!

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です