Windows Liveメール移行ガイド

公開日:
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

Windows Liveメールとはマイクロソフトの無料メールソフト。

Windowsには、OutlookExpressやWindowsメールと言ったメールソフトが標準搭載されているのでこれらを利用しているユーザーも少ないくないはず。
しかし、Windows 7以降のOSには、メールソフトが標準搭載ではなくなりました。
このため、ユーザーが別途メールソフトを用意する必要があります。

ただし、Windows純正メールソフトが無くなったという訳ではなく、ユーザーが必要に応じてマイクロソフト社のWEBサイトから入手する事が可能。

これが「Windows Live メール」です。
メーカー製のパソコンの中には、すでにWindows Live メールがインストールされている事もあります。
ですが、一般的には別途入手する必要があるので、ここではWindows Live メールのインストール方法、設定方法などについて紹介します。

目次

  • Windows Live メールの入手とインストール
  • Windows Live メールの設定方法

Windows Live メールの入手とインストール

Windows Live メールをマイクロソフト社のWEBサイトからプログラムを入手します。

まずは、Windows Essentialsをダウンロードしましょう。
sponsored link

Download
OSのバージョンに最適化されたインストールプログラムがダウンロードされるので、必ず、Windows Live メールを導入するパソコン上からダウンロードする必要がある点に注意してください。

ダウンロードページを開き、「今すぐダウンロード」をクリックしましょう。
meil01

この時ダウンロードされたプログラムは、Windows Live メール本体ではなく「Windows Essentials」と呼ばれる旧Windows Liveソフトウェアの共通インストールプログラムになります。

meil02
ダウンロードした「wlsetup-web.exe」をダブルクリックしてインストールを実行します。

meil03
このプログラム、実はWindows Live メールだけでなく、MessengerソフトやSkyDriveなどのインストーラーも同封されています。
今回はWindows Live メールだけをインストールするので、[インストールする製品の選択]をクリックします。

mail001
今回、Windows Live メールだけをインストールするので[メール]の項目だけにチェックを入れ、[インストール]ボタンをクリックします。

mail002
画面の指示に従って「承諾」をクリックします。
自動的にインストールが実行されますので、しばらく待ちます。

Windows Live メールの設定方法

Windows Live メールを起動すると、最初にメールの設定画面が表示されます。
ここでは、Gmeilを例に設定方法を紹介します。

mail003
Windows Live メールを起動すると、アカウント追加画面が立ち上がります。
電子メールのアカウントを入力しましょう。
「電子メール アドレス」にGmeilのメールアドレスを入力します xxx@gmail.com
「パスワード」Gmailアカウントパスワードを入力します。
「表示名」 電子メールの受信者に対して表示される名前

mail005
設定が正しく読み込まれるとメールアカウントが追加されます。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED