Ultimate Boot CD(UBCD)の使い方

公開日:2017年9月16日
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

Ultimate Boot CD(UBCD) とは、起動しなくなったパソコンを修復するブート(起動)CDのことです。
フリーソフトとして提供され、誰でも自由に利用することができます。

今回、Ultimate Boot CDのダウンロード、CDの書き込み、簡単な使い方を解説します。

Ultimate Boot CDとは?


Ultimate Boot CDはパソコンのシステムに異常が発生し、どうにもならなくなったときにCDから起動して使います。ちなみにUSBメモリ版もあるので、光学ドライブが無いパソコンでもブートディスクとして使うことができます。

データのバックアップや、起動しない原因を修復など、数十種類のツールから復旧手段が提供されています。
実は、UBCDの本体はCDブートで実行できるフリーツール群なのです。

Ultimate Boot CDのダウンロード

Ultimate Boot CDはISOイメージとして提供されているので、早速ダウンロードしましょう。

sponsored link


  • ソフト配布先:ultimatebootcd.com
  • ライセンス:フリーソフト

Download Linkから公式サイトに行き、左側の「Download UBCD」をクリックします。

サイトの中ほどにMirror  Sitesがあるので、ここからアイコンをクリックしてISOイメージをダウンロードしましょう。
(Mirror Sitesには複数のダウンロードアイコンがありますが、配布元のサーバーが異なるだけで、どれもファイルは同じです。)

ISOイメージをダウンロードしたら、容量を確認しましょう。
公式サイトにISO imageのフィルサイズが記載されています。

ISOイメージファイルが記載されたサイズと同じなら正しくダウンロードできたことになります。
(ubcd5.3.7の場合660MB)

ISOイメージの書き込み

ダウンロードしたファイルはISOイメージなのでCD-RもしくはDVD-Rなどに書き込みます。
空のCD-RまたはDVD-Rをパソコンに挿入します。

ちなみに、USBメモリにインストールしてブートすることもできます。
詳しくは「USBメモリから起動するUltimate Boot CDの作り方」を参照ください。

CD/DVDに書き込む場合、ISOイメージファイルを直接CD-Rにコピーしても使えません。ISOイメージ専用の書き込みツールを使う必要があります。

ISOイメージの書き込みソフトは、DeepBurnerというフリーソフトがおすすめ。
詳しくはISOイメージと書き込み方法にて詳しく紹介しています。使い方も簡単なソフトウェアです。

↓DeepBurnerの書き込み画面

Ultimate Boot CDの実行

Ultimate Boot CDをパソコンにセットし、光学ドライブからブートします。
しばらくするとUltimate Boot CDが起動します。

下のような画面が出ればブート成功
使い方は非常に簡単。
矢印キーの「↑」と「↓」で項目を選択、「Enter」を押して決定します。

「HDD」という項目を選択しました。
一つ前の画面に戻りたいときは、「・・」という項目を選択して「Enter」キーを押します。。

以上がUltimate Boot CDの書き込みと簡単な使い方になります。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED