ISOイメージと書き込み方法

公開日:
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

ISOイメージとはCDやDVDのデータをそのままの状態でファイル化したものです。
データファイルなので分割することもできますから、必ずしも1つのファイルであるとは限りません。

(例えばBlu-rayのデータをDVDにバックアップしたいときなど、ISOイメージを分割保存するといったことも可能。容量の大きなISOイメージを分割してWEBにアップしている場合もあります。)

このISOファイルですが、何が便利かといえばLinuxなどのシステムディスクをウェブ上で公開したいときに大変役に立ちます。
ISOファイルが無いと、ソースコードを自分でビルドしてシステムディスクを作らなくてはなりません。(単純にソースコードを書き込んだだけでは動かない)非常に複雑な作業なので、とても一般向けには公開できません。
ところが、ISOファイルで配布するれば、(専用ソフトが必要ですが)クリックだけでCDやDVDのシステムディスクとして書き込むことができるのです。

↓Deep Burner ISO書き込みソフト

ISOイメージの書き込み方法

ISOイメージファイルは規格が統一されているので広く普及しています。
WEBなどで公開しているCDやDVDデータは、ほぼすべてがISOイメージファイルとして提供されています。ただ、ISOデータの配布元のサイトでは書き込み方法を紹介していない場合が多く、結構わかりにくかったりします。

そこで、フリーソフトを使ったISOイメージの書き込み方法を紹介します。

sponsored link


  • ソフト開発:deepburner.com
  • ライセンス:フリーソフト

Dawnload

DeepBurnerのサイトから「Download now!」をクリックしましょう。

Download DeepBurnerの「DeepBurner Free 1.9(Portable)」ボタンをクリックしましょう。
Portableはインストール不要なので一度だけの使い捨てには丁度よいです。
頻繁に利用するならその上にある「DeepBurner Free」をダウンロードしましょう。こちらはインストール版になります。

「DeepBurner1_Portable」というファイルがダウンロードされるので、「右クリック」→「すべて展開」をクリックしてファイルを展開します。

展開したら、パソコンに空のDVD-Rメディアをセットしてください。
_DSC0003

展開したフォルダを開き、「DeepBurner」をダブルクリックで実行しましょう。

アプリケーションを起動したら、「Burn ISO image」にチェックを入れ「Next」をクリック

Image fileの右側にある「・・・」をクリックし、ダウンロードしたISOイメージを選択します。
Driveの項目から、DVDに書き込むドライブを選択します。
ISOイメージを選択すると下の「BurnISO」がアクティブになるのでクリックしましょう。

あとはISOイメージの書き込みが終わるのを待つだけ。
使い方はとっても簡単です。

イメージの書き込みが終われば自動的にCD/DVDがエジェクトされます。
書き込みが終わったCDやDVDを使って確認してみましょう。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED