Windows10のログインパスワードを忘れてしまった場合に役に立つ、パスワードリセットディスクの作成方法

公開日:2017年1月25日
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

こちらの記事は、ログインパスワードを忘れたときの為に、リセットディスクを作る方法を紹介しています。
すでにパスワードを忘れてログインできない時は、「パスワードをリセットする裏技」が有効です。

Winsows10のログインパスワードを忘れてしまったら、当然ですがログインできません。こうしたトラブルを未然に防ぐ、パスワードリセットディスクと呼ばれるものがあります。事前にパスワードリセットディスクを作っていれば万が一パスワードを忘れてしまった場合でも簡単に復旧することが可能。

Winsowsのログインパスワードを忘れて慌ててしまう前に、パスワードリセットディスクを作成してください。

パスワードリセットディスクの作り方

対応メディア

パスワードリセットディスクはCD・DVDの他、USBメモリでも代用可能です。

アカウントを確認

Windows10にログインするユーザーには、「ローカルアカウント」と「Microsoftアカウント」の2種類あります。
そして、パスワードリセットディスクが使えるのは、ローカルアカウントのユーザーである必要があります。

まず、画面左下にある「Win」ボタンをクリックします。
メニューが表示されるので、「設定」ボタンをクリックしましょう。

設定画面が表示されるので、「アカウント」をクリックします。

現在ログインしているアカウントが表示されています。
ここで、「ローカルアカウント」と書かれていればリセットディスクが作成できます。

パスワードリセットディスクの作成

画面左下にある「Win」ボタンを右クリック(または「Win」キー+「X」キーを同時に押す)
メニューが表示されるので「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルが開くので、画面右上にある「コントロールパネルの検索」ボックスに、「パスワードリセットディスク」と入力して「Enter」キーを押します。
ユーザーアカウントの下に「パスワードリセットディスク」問う項目があるのでクリックして起動しましょう。

sponsored link

「パスワードディスクの作成ウィザード」が開きます。
USBメモリやディスクをパソコンにセットし、「次へ」をクリックしましょう。

USBドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

現在のログインパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

リセットディスクの作成が始まります。

リセットディスクが作成されたら「完了」をクリックしましょう。

パスワードのリセット方法

早速、リセットディスクを使ってパスワードをリセットしてみたいと思います。
まず、リセットディスク(今回はUSBメモリ)をパソコンに接続し、パソコンを起動します。

通常通りログイン画面が表示されます。ここで、パスワードを間違えると「パスワードのリセット」が表示されるはずです。
表示されたら「パスワードのリセット」をクリックしましょう。

「リセットウィザード」が表示されます。ここで、「次へ」をクリックしましょう。

「パスワードディスクがあるドライブ」から、作成したリセットディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

新しいパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

以上でパスワードをリセットできました。「完了」をクリックしましょう。
これで新しく作ったパスワードでログインできるようになります。
ちなみに、作成したリセットディスクは同じユーザーなら何度でも使うことができますから、ほかのユーザーの手に渡らないようにしっかり保管しましょう。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED