詳細ブートオプションが起動しない

公開日:2013年3月30日
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。

詳細ブートオプションは、通常パソコンの起動中に〔F8〕ボタンを押すことで表示することができます。
ただ、呼び出しボタンは機種によって異なっていたりキーを押すタイミングが難しく、なかなか呼び出せないことがあります。

その場合、Windowsの「システム構成」から「詳細ブートオプション」を起動することが可能なので、そのやり方を紹介します。
※Windows上のツールを使うので、当然ですがWindowsが全く動かない状態では利用できません。

「システム構成」を使って呼び出す方法

sponsored link

まず、Windowsタスクバーにある「スタート」ボタンを押し、検索欄に〔msconfig〕と入力しましょう。
↓プログラムに〔msconfig〕が表示されるのでクリックして起動しましょう。
システム構成

システム構成ウインドウが表示されるので、「ブート」タブを選択し、ブートオプションの「セーフブート(F)」にチェックを入れ、「最小(M)」を選びます。
システム構成ウインドウ

「適用(A)」をクリックし、「OK」を押すと、再起動ウインドウが表示されるので、再起動しましょう。
注意事項として、もう一度システム構成から、セーフブートのチェックを外さないと、電源を入れるたびに「詳細ブートオプション」が開くので、問題が解決したら元に戻しておきましょう。
システム構成の再起動ウインドウ



スポンサーリンク

コメント

  • 参考にさせていただいています。でも私のDELL OPTIPLEX9020では上記のとおりで再起動するといきなりセーフモードで立ち上がってしまい詳細ブートオプションがでてきません、、、
    ドライバ署名回避をしたいのですが困ってます。

    2017年01月28日 11:31 PM | tt

    • >>ドライバ署名回避をしたいのですが困ってます。
      どんなドライバーをインストールしたいのですか?機器とドライバーの情報をお知らせください。

      2017年01月29日 10:15 PM | 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED