System Idle ProcessでCPUの使用率が100%に !?

公開日:
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

System Idle Processとは?
WindowsXp等の環境で、タスクマネージャの「プロセス」タブを見ると、「System Idle Process」というイメージ名のプログラムがCPUをほぼ100%近く使っていて、いつまでも処理が終わりません。
はじめて見るとびっくりしますが、これはWindowsの正常な状態なのです。
system idle process

sponsored link

WindowsXPの環境では、アプリケーションなどがほとんど動作していない場合、CPUの使用率は0%になるはずです。
現に、タスクマネージャの「パフォーマンス」タブで確認してみると、CPUの利用率は0%に近い値になっていると思います。

 

では、「System Idle Process」とは何なのか?
実は、アプリケーションが動いていない状態で、CPUの使用率が仮に0%だったとしても、CPUは決まった周波数で常に動作しているので停止する事はありません。

CPUを停止する訳にはいかないので、「System Idle Process」という”何もしない”プロセスを実行し、見掛け上CPUに常に仕事を与えている状態です。
つまり、他のアプリケーションがCPUの演算を必要としない時、「System Idle Process」のCPU使用率が100%になるという訳です。

これは、WindowsXPのシステム上正常な状態なので全く問題無いという事です。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED