パソコンがスリープにならないように電源設定する

公開日:
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

パソコンは省電力設定により、一定時間経過するとスリープ状態になる機能が搭載されています。

電力の節電には便利なのですが、ソフト等の処理のため、スリープにより不都合が発生するケースがあります。

そんな時はコンピュータのスリープ状態をOFFに設定しましょう。

スリープ状態をOFFにする

Windowsのスタートボタンをクリック
コントロールパネルを選択します。
コントロールパネル

コントロールパネルが開くので、「ハードウェアとサウンド」を選択します。
sleep01

sponsored link

ハードウェアとサウンド画面から、「電源オプション」をクリックします。
sleep02

電源オプション画面で、「コンピュータがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。
sleep03

「コンピュータをスリープ状態にする」の時間設定を「なし」に変更し、「変更の保存」をクリックすれば設定が反映されます。
sleep04



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED