Windows10でUSBメモリやHDDなどのエラーをチェックする方法

公開日:2016年1月20日
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

ドライブのエラー

ここではWindows10でドライブのエラーチェックをする方法を紹介します。

パソコンで使うUSBメモリは頻繁に抜き差ししたり、持ち運んで使うメディアなのでエラーが発生しやすいメディアです。HDDも振動に弱く、同様にエラーが発生しやすいメディアといえます。
小さいエラーが発生しても、意外とそのままアクセスできますが、小さなエラーを放置しているとやがてアクセスできなくなってしまいます。

そうなる前に、Windows10には、こうしたエラーをチェックする「エラーチェック」機能が搭載されているので、大きなトラブルが発生する前にチェックしてみましょう。

エラーチェックの実行

まず、Windowsのスタートボタンをクリック→エクスプローラーをクリックして起動します。

sponsored link

エクスプローラーを起動したら、左の欄からスキャンしたいドライブを右クリックします。
メニューが表示されるので、「プロパティ」をクリックしましょう。

ドライブのプロパティが開くので、「ツール」タブをクリック
エラーチェックという項目があるので、「チェック」をクリックしましょう。

ドライブの過去のエラー履歴を参照し、簡易的なチェックが実行されます。
ここで、「このドライブをスキャンする必要はありません」というメッセージが表示されればとりあえず過去にエラーが発生していな(もしくはエラーを修復済み)いということが分かります。
ですが、新たにエラーが発生している可能性もありますから、とりあえずスキャンしておきましょう。
当然ですが、「スキャンする必要があります」というメッセージが出れば、画面の案内に従い、スキャンしましょう。

スキャンの実行には時間がかかる場合があります。
スキャン中はドライブにアクセスできませんから、そのままスキャンが終わるまでまりましょう。

「お使いのドライブは正常にスキャンされました」と表示されれば作業は終了です。
「閉じる」をクリックして作業を終えましょう。

 

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED