※「データ復旧大図鑑」が参考になりましたら、ツイッター、facebook、ブログ等で紹介してください。

復旧ソフトから直接パソコンを起動してデータを取り出す方法


起動しないパソコンからデータ復旧もし、一台しかないパソコンが突然起動しなくなり、しかもバックアップ用のデータも取っていない時は、市販ソフトを使えば自力で復旧させる事ができます。

市販のデータ復旧ソフトはCDから直接起動できるタイプの物もあり、OSのトラブルなどでパソコンが起動しない時はCDから直接起動するタイプの復旧ソフトが必要不可欠!

CDから起動できるソフトで有名なのが完全復元ソフトファイナルデータです。
どちらも価格が9000円ほどしますが、付属のCDから直接パソコンを起動できるので今回のようなケーつには最適です。

まず、データ復旧ソフトに付属しているCDを動かなくなったパソコンにセットして電源を入れます。
データ復旧ソフトのCDでパソコンを起動

すると、通常はWindowsが起動するのですが、CDからデータが読み込まれ、直接専用の復旧ソフトが起動します。
表示される指示に従ってパソコン内部のデータを復元し、外付けのハードディスクやUSBメモリにデータを移動させていきます。

外付けハードディスクなどにデータを移動

データをすべて復元し、ハードディスクに移動させた後はWindowsが起動しなくなったパソコンをリカバリーCDなどで初期化します。
初期化した後に先ほど復旧したデータをもとに戻します。

このように作業すれば、起動しなくなったパソコンからでもデータ復旧をする事ができます。

もちろん、この作業はパソコントラブルがシステム障害(論理障害)に限られます。

ハードディスクそのものが故障していたり、パソコンの基板が故障しているような物理障害の時には復旧でき無い事に注意が必要。このような物理障害の時は下手にパソコンを動かすと自体を悪化させてしまう恐れがあります。
特にハードディスクの物理的なエラーは私たち個人で直す事はもちろん、パソコンメーカーですら復旧する事はできません。
このような時はデータ復旧サービスがとても有効です。

記事がお役に立ちましたら、ブログやSNSでご紹介ください
サイト運営の励みになります。コメントもお待ちしております。


関連記事


バックアップのススメ

パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。
私は、PCデータバックアップソフトを使い、データは2か所に保管するようにしています。さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。


データ復元できない時は?

データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。
必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。
データ復元が出来ない時は?」参照

悪徳データ復旧業者に注意

現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。
こうした業者は積極的にメディアに露出する(広告費をかけている)為、一見して信頼できる業者に見えますが、
単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。
業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。
データ復元が出来ない時は? 「データ復旧成功の鍵」参照



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です