※「データ復旧大図鑑」が参考になりましたら、ツイッター、facebook、ブログ等で紹介してください。

データの物理障害とは?


物理障害とは、ハードディスクを落としてしまったり、水をかけてしまうなどして、機器本体を故障させてしまい、これによってデータアクセスが出来なくなった状態を言います。

物理障害が起きた機器の症状など。
・ハードディスクが普段と違う音がする。
・データのアクセスが以上に遅い。
・落下させてしまったり、水に水没させた。
・焦げたようなにおいがする。

このような症状が出たら物理障害の可能性が濃厚です。
素人の私たちが復旧作業するレベルではないので、専門のデータ復旧業者に依頼する事になります。
データ復旧は単純な基盤の取り換えから、クリーンルーム内でハードディスクを分解修理する高度な修復まで症状に合わせて様々です。
特に、ハードディスクの分解修理は専門の業者ですら出来ない事もあります。
手作業での修理になるので、一般的に物理障害のデータ復旧は論理障害の復旧より高くつきます。

ですが、個人ではどうする事も出来ないので、本当に大切なデータが入っている場合はとりあえず業者に連絡して見積もりを取ってもらいましょう。

万が一機器が物理障害を起こしていると感じた時は、すぐに機器の使用を中止する事が唯一私たちに出来る処置です。
また、こうなる前にバックアップを日ごろから取っておくことが大切です。

記事がお役に立ちましたら、ブログやSNSでご紹介ください
サイト運営の励みになります。コメントもお待ちしております。




バックアップのススメ

パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。
私は、PCデータバックアップソフトを使い、データは2か所に保管するようにしています。さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。


データ復元できない時は?

データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。
必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。
データ復元が出来ない時は?」参照

悪徳データ復旧業者に注意

現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。
こうした業者は積極的にメディアに露出する(広告費をかけている)為、一見して信頼できる業者に見えますが、
単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。
業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。
データ復元が出来ない時は? 「データ復旧成功の鍵」参照



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です