※「データ復旧大図鑑」が参考になりましたら、ツイッター、facebook、ブログ等で紹介してください。

リカバリーしてしまったパソコンのデータ復旧方法


パソコンのリカバリーWindowsの起動が不安定な時、システムのリカバリーは大変有効です。

しかし、リカバリーを実行すると、ハードディスク(システム領域)の全てが初期化されてしまうので、バックアップを取ってから実行しなければなりません。
パックアップを取らずに初期化してしまうと、『システムの復元』とは違い、全てのデータが消去され、購入当初の状態になります。
リカバリする前のハードディスクを丸ごとバックアップしていれば、必要なデータをすぐに取り出せるので安心です。
ですが、バックアップを取らずにリカバリしてしまったり、データの一部しかバックアップしておらず、必要なデータが欠落しているとデータ復旧は非常に困難になります。

もし、必要なデータが消失してしまったら、ひとまずパソコンには手を付けず、データ復旧ソフトで復旧可能か診断します。
この時、パソコンはインターネットにつなぐ事もNGです。Windowsが自動アップデートして、大量のデータを上書きしてしまいます。
では、データ復旧ソフトを使った復元方法を説明します。

データ復旧ソフトで対応する

復旧作業には無料で利用できるフリーソフトを使います。
ソフトは復旧するメディアにはダウンロードしないように注意しましょう。


フリーのデータ復旧ソフト

  • 対応OS:Windows Xp/Vista/7/8/10
  • ソフト配布先:Piriform Ltd.
  • ライセンス:フリーソフト

Recuvaは、通常版とポータブル版の2種類あります。
通常版は、パソコンにソフトをインストールするタイプ
ポータブル版とはソフトをインストールせず、USBメモリなどに入れて使います。
今回は通常版をパソコンにインストールしてデータ復旧を行います。
soft2
USBメモリに入れて使用するので、パソコンにそれ以上書き込まず、データ復旧の確率が落ちないと言うメリットがあります。
ダウンロードやインターネットに接続するパソコンは、データ復旧する物とは別のパソコンを使ってください。
まず、ソフトをダウンロードしてパソコンにインストールします
Download

「rcsetup139.zip」というファイルがダウンロードされるので、展開します。

ファイルの展開方法は、展開したいファイルを右クリックして、「すべて展開」を選択します。
(下の画像は新しいフォルダ.zipを展開する例です。)

展開ウィザードが開くので「次へ」を押します。
すると、圧縮ファイルの展開先を指定する画面が出ます。何もいじらなければ、ダウンロードしたファイルと同じ場所に展開されるのでそのまま「次へ」を押します。
以上で展開は完了です。
新しく「rcsetup139」というファイルが出来ていると思います。
この中に、データ復旧ソフトが入っています。

次に、展開したファイルをUSBメモリに入れれば準備は完了です。
このUSBメモリをデータ復旧させたいパソコンに差し込み、ソフトを起動させます。

展開したフォルダの中には、「Recuva」と「Recuva64」の2種類のソフトが入っています。
今使っているパソコンのOSが64ビットなら
「Recuva64」をダブルクリックし、OSが32ビットなら「Recuva」をダブルクリックします。
データ復旧ソフトを選択します
もし分からなければ試しにどちらでもいいので起動します。

わざと間違った方を選択しまして見ましたが、エラーで停止するだけで壊れる事はありませんでした。

ソフトを起動すると、この画面が出ます。まずは「Cancel」ボタンを押します。

このような画面が出ると思います。右側の「Options」ボタンを押します。

このオプション画面で言語を選択できるので、日本語にしましょう。日本語を選択したら、「OK」ボタンを押してから、いったんソフトを終了させます。

もう一度ソフトを起動させると日本語になっていると思います。「次へ」を押します。

データ復旧させたいファイルの拡張子を選択します。
よく分からなければ「その他」で構いません。

ファイル復旧するデータがの格納場所を選択します。もし分かっているのなら場所を指定した方が見つけ出し易いです。
分からないなら「ハッキリしない場合」でも、データ復旧の精度は変わらないのでご安心を。

これで準備ができました。開始を選択しましょう。
画面にも書いてありますが、ドライブの容量が大きいとかなりの時間を要します。

データスキャンが終了すると、データのプレビューが表示されるので、データ復旧させたいファイルをダブルクリックして選択。

画面右下の「復元」を押すと、ファイル復元先のフォルダを選択するように求められます。
基本的に、このソフトを入れているUSBメモリ上にデータ復旧させれば問題ありません。
もし、USBメモリの容量が足らない場合は、外付けハードディスクなどを接続し、その中にデータを入れるようにしましょう。

最後に復旧したデータを確認して復元されているようなら完了です。

ただ、上の画像のように、「プレビューはありません」と表示されているファイルのデータ復旧はこのRecuvaでは難しいようです。

しかし、まだあきらめる必要はありません。
市販のデータ復旧ソフトや、データ復旧サービスを利用すればフリーソフトで復旧出来なかったファイルでも復元できる確率が高まります
市販のフリーソフトは製品を購入する前に、データ復旧が可能か診断する体験版が必ずあるのでまずそちらで確認して、復旧できるようなら購入します。

さらに、市販のソフトでも復旧が難しい場合は、それ以上パソコンには手を付けず、専門のデータ復旧センターに依頼し、復旧可能か判断してもらった方が良いでしょう。

記事がお役に立ちましたら、ブログやSNSでご紹介ください
サイト運営の励みになります。コメントもお待ちしております。


関連記事


バックアップのススメ

パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。
私は、PCデータバックアップソフトを使い、データは2か所に保管するようにしています。さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。


データ復元できない時は?

データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。
必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。
データ復元が出来ない時は?」参照

悪徳データ復旧業者に注意

現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。
こうした業者は積極的にメディアに露出する(広告費をかけている)為、一見して信頼できる業者に見えますが、
単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。
業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。
データ復元が出来ない時は? 「データ復旧成功の鍵」参照



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です