※「データ復旧大図鑑」が参考になりましたら、ツイッター、facebook、ブログ等で紹介してください。

Windows8/8.1でシステム全体をバックアップする


20140604112440706_easyicon_net_256Windows8/8.1にはWindows全体をバックアップする「システムイメージバックアップ」機能が搭載されています。

今回、「システムイメージバックアップ」機能を利用してシステム(PC全体)をバックアップする方法と、バックアップデータから復元する方法について紹介します。


「システム イメージ バックアップ」画面からシステム全体をバックアップする

対象システム

  • Windows8
  • Windows8.1

説明

システムイメージとは、Windowsのシステムやインストールされたアプリケーション、システム設定情報、ユーザーが任意に保存したデータファイルなどパソコンの全て※1の情報を一つにまとめたものです。
パソコンに不具合が生じた時や、以前の状態に戻したい時はシステムイメージを使って復元することができます。

システムイメージは最新の状態だけではなく、過去の複数の状態もイメージ化することができます。
ただし、保存先に指定したHDDの容量が足りなくなると、過去のバージョンから自動的に削除されてしまうので注意が必要です。

※1ただし、インターネット配信の音楽データや、デジタル放送などの著作権保護されたコンテンツはバックアップすることができないことがあります。
その場合、iTunesなどの専用アプリから個別にバックアップしましょう

目次

バックアップ手順

[Windows ロゴ]キー+[X]キーを押し、[コントロールパネル]をクリックしましょう
sys01

コントロールパネルが開くので、[ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存]をクリックします。
sys20

ファイル履歴ウィンドウが表示されます。
まず、左下にある[システムイメージバックアップ]をクリックしましょう。
Windows8の場合[Windows 7 のファイルの回復]をクリックし、[Windows7のファイルの回復]ウィンドウから[システムイメージの作成]をクリックします。
sys21

システムイメージの作成画面が表示されるので、バックアップ先を指定します。
システム全体のバックアップは容量も数十GB~と大きくなりがちなので、外付けHDDに保存した方がよいでしょう。
sys22

システムイメージの作成画面から、バックアップ設定の確認をします。
バックアップに必要なディスク容量が表示されるので、HDDの空き容量が十分に確保されているか確認しましょう。
[バックアップの開始]をクリックします。
sys23

「バックアップは正常に完了しました」と表示されるので[閉じる]ボタンをクリックします。
sys24

以上でバックアップ操作は完了です。

「システムイメージバックアップ」からPCを復旧

作成したシステムイメージのバックアップからパソコンを修復するには、Windowsのインストールディスクからトラブルシューティングを起動する必要があります。
まずは、パソコンにインストールディスクを挿入し、ディスクからWindowsを起動しましょう。
_DSC3
※インストールディスクからパソコンを起動するにはBIOSからCDブートに設定変更する必要がります。
詳しくは「CD/DVDから起動する方法」を参照

Windowsセットアップが起動するので[コンピュータを修理する]をクリック
ryca02

 

オプションの選択で[トラブルシューティング]をクリック
ryca03

トラブルシューティングから[詳細オプション]をクリック
ryca04

[イメージでシステムを回復]をクリック
ryca05

オペレーティングシステムを選択します
ryca06

バックアップしたシステムイメージを選択します。
通常は[利用可能なシステムイメージ・・・]にチェックを入れ[次へ]をクリックします。
別のシステムイメージを選択したい場合は[システムイメージを選択する]をクリックします。
ryca07

後は画面の案内に従ってコンピュータイメージの復元を進めましょう。
自動的にバックアップファイルからイメージが読み込まれ、パソコンが復元されます。
ryca11

以上で復元作業は完了です。

記事がお役に立ちましたら、ブログやSNSでご紹介ください
サイト運営の励みになります。コメントもお待ちしております。


関連記事


バックアップのススメ

パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。
私は、PCデータバックアップソフトを使い、データは2か所に保管するようにしています。さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。


データ復元できない時は?

データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。
必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。
データ復元が出来ない時は?」参照

悪徳データ復旧業者に注意

現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。
こうした業者は積極的にメディアに露出する(広告費をかけている)為、一見して信頼できる業者に見えますが、
単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。
業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。
データ復元が出来ない時は? 「データ復旧成功の鍵」参照



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です