※「データ復旧大図鑑」が参考になりましたら、ツイッター、facebook、ブログ等で紹介してください。

自分でデータ復旧出来ない時は業者へ依頼


データ消失の原因は多々ありますが、データ復旧作業が難しかったり、データ復旧ソフトを使っても修復できなかった時は、専門の業者に依頼しましょう。
データ復旧業者には故障したパソコン内のデータや、誤って消してしまったデータを復旧する専門技術者がいます。
復旧作業に用いる機器や設備もデータ復旧専用に作られています。
その一つはクリーンルーム
ハードディスクの修理

クリーンルームとは、目に見えない細かなゴミやほこりが無い状態を維持するための部屋の事です。
なぜ、クリーンルームが必要かと言うと、パソコンのデータを記録しているハードディスクは、機器内部にどんな小さなほこりが入っても故障してしまうほど繊細な装置なのです。
ですから、このような設備がなければハードディスクを分解することすらできません。
素人が無茶をして分解した場合は、ほぼ確実に故障すると思って間違いありません。
しかも、一見同じように見えるハードディスクの基板交換でさえ、製品に使われているものと全く同じ型番のものでなければなりません。

データ復旧業者には、あらゆる種類のハードディスクに対応するため、数多くの部品を在庫としてストックしているのが普通です。

このように専門スタッフが専用の施設で丁寧にデータ復旧を行うので私たち素人が絶対にできないようなデータも復旧できる可能性があるのです。
とは言え復旧作業に絶対はありません。どうしても復旧できないケースがある事だけは理解してください。
また、データ復旧業者はデータ消失した機器を検査し、自社で復旧の見込みがあるか無料で行っている所もあるので、不必要な経費を払わずに済み、法外な値段をいきなり請求される事もありません。

記事がお役に立ちましたら、ブログやSNSでご紹介ください
サイト運営の励みになります。コメントもお待ちしております。


関連記事


バックアップのススメ

パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。
私は、PCデータバックアップソフトを使い、データは2か所に保管するようにしています。さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。


データ復元できない時は?

データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。
必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。
データ復元が出来ない時は?」参照

悪徳データ復旧業者に注意

現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。
こうした業者は積極的にメディアに露出する(広告費をかけている)為、一見して信頼できる業者に見えますが、
単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。
業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。
データ復元が出来ない時は? 「データ復旧成功の鍵」参照



2 Responses to 自分でデータ復旧出来ない時は業者へ依頼

  1. りくたろう on 2016年8月27日 at 13:36

    内部ストレージの画像をSDカードに写すとき、まだSDカードにはいっぱい写真があったのに、間違ってコピーではなく移動ボタンを押してしまいました
    同じファイル名があると上書きされるのを知りませんでした
    上書きは絶対に元の画像には戻せないですよね
    大切な写真だったので悔やんでも悔やみきれません…

    • hiro on 2016年8月27日 at 14:38

      確かに上書きしてしまうとデータ復旧は難しいと思います。
      ダメ元でデータ復旧ソフトでスキャンしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です