壊れてしまったHDDのデータは復旧できるか?

公開日:
パソコントラブルの症状診断から原因を特定し、トラブルの対処法について紹介しています。
スポンサーリンク

パソコンを落下させてしまったり、水濡れ熱などでHDDが物理的に故障(クラッシュ)してしまうことがあります。

HDDがクラッシュしてしまうとパソコンが起動しなくなり、「カラン…カラン…」、「カリカリカリ…」というような独特の音がします。
このような症状が出たらHDDがクラッシュしていると考えて間違いありません。
一度クラッシュしてしまったHDDは自力でデータ復旧するのは諦めましょう。なんとかHDDにアクセスしようとむやみに電源を入れてディスクを回転させるとディスク面に傷がついたりしてより深刻なダメージを与えてしまいます。

sponsored link

クラッシュしてもデータは残っている


実はHDDがクラッシュしても記録面は無傷である場合が意外と多く、適切に処置すればかなりの確率でデータを取り出すことが可能です。

一方で、落下によってディスク表面に傷がついてしまうことがありますが、それは全体の一部にすぎません。
むやみにデータを操作しなければディスク全体に傷が付いてしまうことはないでしょう。

ですから、万一HDDのクラッシュに気が付いたらすぐにパソコンの電源をOFF(強制的に電源を落としてください)にすることが重要です。

信頼できるデータ復旧業者に依頼

クラッシュしたHDDはデータ復旧業者に依頼すれば復旧の可能性があるのですが、物理的な破損による障害のため料金は高額になります。
ちなみに、物理的な破損の場合、程度の軽いデータ復旧でも、10万円前後します。

もし、料金が割高だと思うのであれば、HDDに手を付けず、そのまま保管することをお勧めします。そのまま保管していれば、データ障害が悪化することはありませんし、技術的進歩によってもっと低価格に復旧できる可能性もあるからです。
私がデータ復旧業者の方にお会いした時の話になりますが、技術的な問題で復旧できなかったデータが数年後には技術が進歩して復旧できたという話もあります。技術的進歩によって価格ももっと下がることも期待できます。
参照:信頼できるデータ復旧業者の見極め方
(ただし水濡れによる故障はディスクが腐食してしまうので一刻も早くデータ復旧したほうが良い)



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

Sponsored Link

注意事項

当サイトで得た情報により、いかなる損害を追われても、当サイトは一切責任を負いかねますので、ご理解お願いいたします。 大切なデータは必ず、バックアップを作成してからトラブルの復旧作業を行いましょう。 データ復旧や、バックアップの方法は、姉妹サイト「データ復旧大図鑑」でケースごとに詳しく解説しているので一度ご覧ください。 また、パソコンの保証期間中であればすぐに、パソコンメーカーへ問い合わせた方がよいでしょう。 通常の使い方をしていてパソコントラブルが発生した場合、無償で対応してくれるはずです。

Sponsored Link

ようこそ!パソコントラブル大図鑑へ
PCトラブル大図鑑
RSS FEED