綺麗に冷却グリスを除去

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>ワンポイントアドバイス>>放熱グリスの除去

放熱グリスの除去

基本的にCPUを交換したり、冷却クーラーを交換しない限りCPUグリスの塗り直す必要はありません。
今回、CPUクーラーをリテールクーラーから換装するのでグリスの取り方を説明します。

CPUグリスはまだ柔らかい状態ならティッシュで拭き取るだけできれいになります。しかし、長い時間経つと硬化し除去が難しくなります。

↓まだ柔らかい状態のCPUグリスなら拭き取るだけでOK(右側は拭いただけのモノ。若干グリスの跡がありますが油などが付いていなければ基本的にこの状態で大丈夫です。)
放熱グリスが付いている状態乾拭きにて除去


硬化してしまうと、石膏のようになってしまい、爪で引掻かかないと落ちません。(グリスにもよります)
表面に硬化したグリスが残っていると表面に凹凸ができるので、CPUクーラーがよく密着しなくなります。

こうした時は、薬局などで売っているアルコールをしみ込ませた布やティッシュで軽くこすれば簡単に落ちます。
使用する溶剤はアルコールがベストです。間違っても導電性不純物が混じっている溶液や、CRCなどの油性の物は使ってはいけません。
以前、どこかのサイトで接点回復剤でCPUグリスを掃除している方がいましたが、接点回復剤の中には導電性の物質が入っている製品もあるので、最悪CPUがショートします。(導電性の被膜ができるほど大量に含まれてはいないと思いますが・・・)
油性の物はそもそもグリスが密着しなくなるので使用してはいけません。また、CRCはプラスチックを侵す成分(プラスチックが脆くなる)が入っているので、こうした成分が入っていると思われるクリーナーも避けるべきです。

と言う事で、よく分からなかったら、純アルコールを買っておけば間違いありません。
アルコールをティッシュに含ませる

↓アルコールで拭くとここまできれいになります。
アルコールで除去

拭き方は必ずティッシュなどにアルコールを染み込ませて拭きます。CPU本体にアルコール類をかけてはいけません
そもそも、CPUグリスは熱伝導性を高めるために金属を混入させているものもあります。
CPUにアルコールをかけると、伝導性の物質が溶け出し、基盤の中に入るとショートする可能性が無いわけではありません。

ポイントまとめ

・CPU表面を触ってすべすべしていたらOK 必要以上にきれいにする必要は無い。
・クリーニングに用いる溶液はアルコールでOK よく分からない残留物質が残る物は避ける。
・CPU表面に油分が無いこと 
・溶液を直接CPUにかけない

以上が大まかなポイントです。グリスを掃除するときは是非参考にしてください。




HOMEへ戻る


Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.