自作パソコンが完成したら動作チェック

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>初めての自作PC講座>>九章

動作チェック

いよいよ電源を入れます。





1.電源のスイッチをON


スイッチを「-」にします
電源のスイッチ
次にケーススイッチを押します。
これでPCが起動するはずです。




2.動作チェック


起動スイッチを押したらキーボードの「Delete」、「F1」、「F2」のどれか(PCによって決まる)を押し続けます。
PCが起動しBIOS設定画面が出たでしょうか?
BIOS画面が表示されたらOSのインストールに移ります。>>OS、ドライバーのインストール

BIOS画面が表示されなかったら下の確認事項を参考に原因を解明しましょう。


3.確認事項


PCのファン、HDDは動いていますか?
ファンや、HDDが動いているようならディスプレイの接続コネクタが接続されていない可能性があります。ケーブルをもう一度確認してみましょう。

PCのファン、HDDも動いていない
PCのコネクタをもう一度正しく接続されているか確認する。

・電源のコネクタはきちんと刺さっているか。
・電源のスイッチが「-」になっているか。
・マザーボードにATXケーブルがきちんと刺さっているか。
・ケースの起動スイッチがマザーボードのジャンパピンにきちんと刺さっているか。



次へ>>

<<前へ



序章 組み立てる前の準備
一章 CPUの取り付け
二章 メモリの取り付け
三章 マザーボートの固定
四章 ビデオカードの取り付け
五章 ドライブの固定
六章 電源の取り付け
七章 各種ケーブル接続
八章 キーボード、マウス、ディスプレイなどの接続
九章 動作チェック
十章 OS、ドライバーのインストール


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.