BIOSの簡単な設定とOSのインストール

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>ベアボーンキットで簡単自作PC>>三章

OSのインストール

ベアボーンPCの組み立てが終わったらOSのインストールします。
今回は以前使っていたXPをインストールするつもりだったのでOSは購入していません。


1.WindowsXPのインストール


外付けDVDドライブをUSB接続し、XPディスクをセットしてインストールを開始します。
ベアボーンの電源スイッチを押すとスタートアップ画面が表示されるはずです。
電源ON


Windowsのセットアップが開始します。
XPのセットアップ

ところが・・・・
ほどなくしてエラー画面が表示されました。

エラーメッセージは 0x0000007B (0xF78DA63C , 0xC0000034 , 0x00000000 , 0x00000000)と表示されています。
XPのインストールだったのでSSDドライブの接続方式がAHCI方式になっているため、ドライバがないのでこのエラーになったのだと判断しました。


一度再起動してBIOSを立ち上げます。
最近のBIOSはGUIも進化していてマウスで操作できます
BIOSの立ち上げ

案の定、SATAのセッティングがAHCIになっていました。
AHCI

これをIDEにすればWindowsXPをインストールできるはずです。

と思ったのですが、結局は同じエラーメッセージが表示されます。

どうやらSATAの設定ではなく、根本的なパーツのドライバがOSのインストールディスクに入っていないようです。

そこで、試しに手持ちのWindows7で試してみると、あっさりとインストールが完了しました。
ただ、このWindows7はプライベートで使っているディスクだったのでOSも新調する羽目になってしまいましたorz

ちなみに、ドライバCDは付属していないので、ネットからドライバを落としてインストールします。

次へ>>
<<前へ


序章 組み立てる前の準備
一章 ベアボーンキットの紹介
二章 メモリとSSDの取り付け
三章 BIOSの設定とOSのインストール
四章 VESAマウントにパソコンを取り付け


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.