電源の取り付け方法

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>初めての自作PC講座>>六章

電源の取り付け

電源を入れるスペースを確認します。電源がもともとケースに付属しているときはそのまま使用します。





電源の固定はインチねじを使用し、4箇所で固定します。ケースには様々な電源に対応するため、色々な箇所に取りつけ穴があいています。使用する電源に合った穴を使用します。
電源の取りつけ


電源取りつけ後

電源には電圧調整用のスイッチがあります。今回使用した電源にはついていなかったので、別の電源で説明します。

大抵の電源には赤いスイッチがあり、115/230の切り替えが出来ます。これは電源の動作電圧を切りかえるスイッチになっています。日本で使用する場合は115にセットします。230にセットすると、230V設定になってしまいます。このまま使用すると、動作が不安定になったり、最悪故障することもあるので注意しましょう。

ここでなぜ100Vではなく115V仕様なのかということですが、世界的に見た場合日本の100Vと言うのは珍しく、日本だけのために100V仕様を作るとコストがかかってしまうためです。
もちろん大抵のモデルは、動作電圧に幅を持たせているため動きますが、まれに動かないものもあるそうです。



次へ>>
<<前へ


序章 組み立てる前の準備
一章 CPUの取り付け
二章 メモリの取り付け
三章 マザーボートの固定
四章 ビデオカードの取り付け
五章 ドライブの固定
六章 電源の取り付け
七章 各種ケーブル接続
八章 キーボード、マウス、ディスプレイなどの接続
九章 動作チェック
十章 OS、ドライバーのインストール


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.