マザーボードにメモリを取り付ける

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>初めての自作PC講座>>二章

メモリの取り付け

1.メモリの準備


メモリを取り出します。
メモリもCPUと同様に静電気に非常に弱く、端子もむき出しになっています。端子に触れないよう取り扱いには注意してください。
メモリの取りつけ




2.M/Bの準備


メモリスロットのレバーを外側に倒して開きます。今回購入したマザーボードは片側だけでしたが、両側のレバーを倒すモデルもあります。
メモリのレバーを開く


マザーボードのメモリスロット凹凸を確認して、ゆっくり押しこみます。メモリの取り付けは、意外と硬いのですが、最後まで押しこみましょう。
 

最後まで押しこめれば、メモリスロットのレバーは勝手に閉まるようになっています。


メモリの取り付けが完了しました。最後に固定用のレバーがしっかりとメモリの溝にはまっているかをチェックします。
メモリが奥まで挿せていないとレバーがメモリの溝にはまりません。

ちなみに、今回使用したマザーボードはメモリをデュアルチャンネルで動作させることができます。その際、メモリは同じ製品、同じ容量でなければなりません。メモリスロットには水色と黒色で色分けされています。。デュアルチャンネル設定にするには水色どうし、又は黒どうしのメモリスロットにメモリを挿入する必要があります。





次へ>>
<<前へ

序章 組み立てる前の準備
一章 CPUの取り付け
二章 メモリの取り付け
三章 マザーボートの固定
四章 ビデオカードの取り付け
五章 ドライブの固定
六章 電源の取り付け
七章 各種ケーブル接続
八章 キーボード、マウス、ディスプレイなどの接続
九章 動作チェック
十章 OS、ドライバーのインストール


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.