CPUの取り付け

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>初めての自作PC講座>>一章

CPUには向きがある

これから自作PCを作ろうと思っている方を対象として、パソコンの組み立てを順を追って説明していきます。




1.CPUの準備


CPUを箱から丁寧に取り出します。
非常に静電気に弱く、破損しやすいため、絶対にCPU裏側の端子部分に触れてはいけません。持つ時は、CPUの赤丸の部分をつまむように持ちます。
CPUCPUの裏側
 



2.マザーボードの準備


マザーボードのCPUソケットにも保護カバーがあります。マザーボードのソケットは針金のような細い金属端子がつき出ています。
何かに引っかけて折れてしまうと修復不能ですから慎重に作業しましょう。

まず、ソケット横にある金属のレバーをはずします。(レバーを押しながら画面右側にスライドさせると留め金が外れます。)
マザーボードの準備



留め金を外した所    

↓CPUソケットを保護しているプラスチックのカバーを外すと、下の様に細い端子が顔を出します。
CPUソケットの様子



3.CPUの取り付け


CPUの凹と、マザーボード側の凸を合わせる ようにCPUをソケットに置きます。(押し込む必要はありません。)
CPUの取りつけ  マザーボードの突起

CPUを乗せたら、マザーボードの固定カバーを下し、レバーを元あったように引っかければ完了です。





4.CPUクーラーの取り付け


CPUの固定の後は、冷却用のクーラーを取りつけます。今回はCPU付属のリテールクーラーを取りつける事にします。
リテールクーラーの裏側にはあらかじめグリスが塗ってあります。このグリスはCPUから効率よくクーラーに熱を伝えるために必要不可欠なグリスです。絶対にふき取ってはいけません。(ごみが付着していない事も確認しましょう。)

リテールクーラー リテールクーラーのグリス

マザーボード側に4つ穴が開いています。クーラーの突起をこの穴に入れて固定します。
クーラーの取りつけ穴 CPUクーラーの突起

クーラーの赤丸で囲ったピンをゆっくり押して固定します。この時、ピンを一つずつ押すのではなく、対角線上のピンを同時に押します。
下の写真で言うと、1番、2番それぞれ同時に押します。
マザーボードの裏側を確認して、しっかりとピンで固定されているか確認します。右側の写真の様に黒いピンが完全に突き出ていれば大丈夫です。
ピンを押す順番  


CPUファンの電源コネクタをセットします。マザーボードの「CPU_FAN」と書かれたソケットにクーラーのファンコネクタを接続します。
CPUファンコネクタの接続


以上でCPU及びCPUクーラーのの固定完了です。
CPUの取りつけ完了




次へ>>
<<前へ


序章 組み立てる前の準備
一章 CPUの取り付け
二章 メモリの取り付け
三章 マザーボートの固定
四章 ビデオカードの取り付け
五章 ドライブの固定
六章 電源の取り付け
七章 各種ケーブル接続
八章 キーボード、マウス、ディスプレイなどの接続
九章 動作チェック
十章 OS、ドライバーのインストール


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.