キーボード類の取り付け

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>初めての自作PC講座>>八章

キーボード、マウス、ディスプレイの接続

パソコンのBIOS設定をするまではモニタ、マウス、キーボードだけを取り付けます。
BIOS設定が終わったら、LANケーブルを取り付けてOSのインストールに進みます。


1.電源ケーブル接続

電源のコードを接続します。
ちなみに電源のメインスイッチは「-」がON、「○」がOFFです。
電源コードを接続する場合、メインスイッチを「○」側 OFFの状態で接続ましょう。
また。電圧切り替えスイッチがある場合、115になっていることを確認します。

コードガードが付属している場合はコード脱落防止のため必ず取り付けましょう。

2.I/Oパネルの接続

一般的なI/Oパネルの例です。マザーボードの取扱説明書に詳細が明記されていると思うのでそちらを参考に接続していきます。

パソコンが正常に起動することを確認するまではマウス、キーボードだけを接続します。
オンボードのモニター出力端子を利用する場合はモニターも接続しましょう。

3.ディスプレイの接続

ディスプレイとの接続には「ミニD-Sub15ピン」、「DVI-I」、「HDMI」の三種類あります。
「DVI-Iコネクタ」や「HDMI」はデジタル出力でノイズが少ないため、こちらの接続をおすすめします。
もちろんディスプレイが対応していることが前程になりますが。
ディスプレイの接続

次へ>>
<<前へ

Sponsored Link  
序章 組み立てる前の準備
一章 CPUの取り付け
二章 メモリの取り付け
三章 マザーボートの固定
四章 ドライブの固定
五章 電源の取り付け
六章 各種ケーブル接続
七章 ビデオカードの取り付け
八章 キーボード、マウス、ディスプレイなどの接続
九章 動作チェック
十章 BIOSの設定とOSインストール

HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.