使い勝手の良いデバイス暗号化ソフトを使ってみよう

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>実験室>>第七回

TrueCryptを使ってみる

TrueCryptとは?

暗号化ソフトTrueCryptとは、暗号化された仮想ドライブを作成できるフリーソフトです。
このソフトを使うと、パソコンのHDDやUSBメモリを仮想ドライブとして暗号化する事が出来るので、データのセキュリティーにも役立ちます。
特に、USBメモリは小型で比較的多くのデータを持ち運べるためとても便利な機器ですが、小型ゆえに紛失する事も考えられます。そのようなメモリの中に重要な情報が入っていたら大変ですよね?

そこで、こうしたデータが他人に分からないようにする暗号化ソフトは数多く出回っています。
しかし、一般的なファイル暗号化ソフトは、ファイルもしくはフォルダを一度暗号化するとデータを編集、閲覧するためには再度解凍しなければなりません。勿論、編集したファイルは暗号化し直して保存する必要があり、結構な時間と労力と時間がかかります。そのうち面倒になり暗号化しなくなってしまいます。

ですが、このTrueCryptは一度仮想ドライブを複合化(暗号解除)すると、パソコンの電源を切るか、ドライブをアンマウントするまで通常のドライブと同じように使う事が出来るのです。ですから、ファイルごとに暗号化する必要は有りませんし、暗号化を忘れる事もありません。





TrueCryptをインストール

まずTrueCryptを公式サイトからダウンロードします。

公式サイト上部のDownloadリンクをたどり、下記ページのWindows 7/Vista/XP/2000の「download」を選びソフトを手に入れます。
公式サイト



このソフトは日本語化パッチが公開されているので、是非こちらも合わせてダウンロードしましょう。
日本語化パッチはこちらから手に入れる事が出来ます。

公式ページ


ダウンロードした本体ファイルはダブルクリックし、通常のソフトフェアと同じようにインストールします。

日本語化パッチは解凍した後、「Language.ja」をTrueCryptをインストールしたフォルダに入れておきます。
普通にインストールすれば、「C:\Program Files\TrueCrypt」が生成されているはずです。



TrueCryptの使い方

TrueCryptを起動すると下の画面が表示されます。
まず、「ボリュームの作成」を選択します。
ツールの使い方


TrueCryptボリューム作成ウィザードが表示されるので、「暗号化されたファイルコンテナを作成」にチェックを入れ、「次へ」ボタンを押します。

使い方2

TrueCtypt標準ボリュームを選択します。

使い方3

ボリュームの位置を選択します。「ファイルの選択」から、暗号化したいドライブを指定し、適当なファイル名を設定します。
※暗号化すると、設定した名前のファイルが作成されます。このファイルが仮想ドライブとなります。また、このファイルは自由に移動する事が出来ます。

使い方4

暗号化オプションでは、暗号化のアルゴリズムの選択が出来ます。よく分からない場合はAESで十分です。

暗号化オプションの設定

ボリュームのサイズは暗号化する仮想ドライブのサイズです。

ボリュームの設定

ボリュームのパスワードを決めます。

パスワードの設定

ボリュームをフォーマットすれば暗号化は完了です。

ボリュームのフォーマット






暗号化された仮想ドライブを使ってみる

TrueCryptを立ち上げ、暗号化したファイルを選択し、「マウント」を選択します
パスワードの入力が求められるので、設定したパスワードを入力します。

パスワードが認証されると仮想ドライブが生成されます。マイコンピュータから確認しましょう。
この仮想ドライブに保存したファイルはアンマウントする時に自動で暗号化されるので、とても安心です。




HOMEへ戻る



Copyright (C) 2011 Hiroaki Hasimoto All right reserved.