メモリとSSDを取り付けるときの注意点

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>ベアボーンキットで簡単自作PC>>二章

メモリとSSDの取り付け

1.ベアボーンのケースを開ける


まずはベアボーンのネジを外し、分解します。
ベアボーンの分解

ケースを開くと、このようになっています。
この状態でメモリとSSDのスロットが目につくので、これ以上分解する必要はありません。
かなり作りやすいキットになっていると思います。
ベアボーン内部




2.メモリとSSDの取り付け


早速、メモリとSSDを取り付けていきましょう。
メモリは、端子がむき出しになっているので、静電気には特に気をつけましょう。
メモリを取り扱うときは、このように端の部分を持つとよいでしょう。
メモリの取り付け

メモリの切り込み部とスロットの切り込み部を合わせるように挿入します。


メモリの装着完了
メモリの装着完了


SSDは一か所ネジ止めになっていました。
SSDの実装


メモリと同様に、切り込み部に合わせてスロットに挿入します。
切り込み部に合わせて挿入

これだけで組み立ては完了です。

後はケースの蓋を閉めてOSのインストールをするだけ。
メモリとSSDの実装完了


このベアボーンキットは、アダプターは付属していますが、肝心のコンセントプラグがないのです
↓アダプタのここから先のコネクタは別途用意する必要があるという訳です。
アダプタにコンセントコネクタがない!

そんな訳で、急遽 コンセントを買ってきました。
近くの電気屋さんには直結プラグしか置いてありませんでしたが、使用上問題ありません。
ACアダプタ直結プラグ

直結プラグを取り付けていよいよ電源ON!
アダプタの接続

次へ>>
<<前へ

序章 組み立てる前の準備
一章 ベアボーンキットの紹介
二章 メモリとSSDの取り付け
三章 BIOSの設定とOSのインストール
四章 VESAマウントにパソコンを取り付け

HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.