ベアボーンキット「BOXDC3217IYE」の紹介

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>ベアボーンキットで簡単自作PC>>一章

ベアボーンキットの紹介

まず、今回購入したベアボーンキット「BOXDC3217IYE」 はCPUがマザーボードに組み込まれているので、別途用意する必要はありません。
CPUのタイプはCore i3 3217U 搭載 1.8GHz駆動で最大TDPが17Wです。

CPU、マザーボード、電源、ケースがパッケージ化されているため、メモリとSSDを挿入するだけ。
写真右がメモリ。その隣がSSDになります。
ベアボーンキットの紹介
メモリはノートパソコン用のDDR3 SDRAMと、同じくノートパソコン用の規格であるmSATA接続のカード型SSDを選択する必要があります。

ベアボーンのパッケージを開封するとインテルのあの音楽が流れます。


箱にはセンサーが仕掛けてあります。
音が鳴るなんて知らなかったものですから、こうしたサプライズはうれしいですね♪
ベアボーンパッケージ



パッケージの中身はベアボーン本体とACアダプター、マニュアルと液晶ディスプレイの背面に取り付ける器具が付属しています。
ベアボーンの開封
本体がとにかく小さい!
本体寸法が11.7×11.7cmですから一片が12cmのCDより小さい
超小型のベアボーンパソコン

組み立てマニュアルは説明がとても親切で、とても作りやすいキットです。
ベアボーンPCの取扱説明書



次へ>>
<<前へ


序章 組み立てる前の準備
一章 ベアボーンキットの紹介
二章 メモリとSSDの取り付け
三章 BIOSの設定とOSのインストール
四章 VESAマウントにパソコンを取り付け


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.