マザーボードの取り付け方法

自作PC (自作パソコン)大図鑑

Home>>初めての自作PC講座>>三章

マザーボードの固定

これから自作PCを作ろうと思っている方を対象として、パソコンの組み立てを順を追って説明していきます。


1.ケースの準備


ケースのサイドパネルを外します。外し方はケースによって違うので、説明書に従って作業しましょう。
ケースを開ける  サイドパネルを外した所

2.I/Oパネルの設置


まず、マザーボードに付属するIOパネルをケースに取りつけます。
はめ込み式なので、押し込めば入ります。 IOパネルはケース内の気密性を上げるためや、デザイン性の為に付けるので、ケースが特殊なもや省スペース型などで、I/Oパネルが合わないことある場合、無理に取り付けようとはせず、そのままマザーボードを固定します。
I/Oパネルが無いと、ケース内にほこりが入りやすくなりますが、機能的にはそれほど大きな問題にはなりません。
IOパネルを装着


3.マザーボードの取り付け


ケースにスペーサーを取り付けます。(すでにケースに取り付けられている場合もあります。)

これが「スペーサー」です。六角形の形をしています。
マザーボードに取り付けるときは途中まで手で締め、その後ラジオペンチを使ってしっかり固定します。

マザーボードの取りつけ穴とケースのスペーサーの位置を確認します。
通常は九箇所で固定しますが、安価なケースなどスペーサーの位置が微妙にずれていたりして、すべて固定することが出来ないことがあります。
この場合、無理に固定しようとするとマザーボードが破損することもあるので、固定できないスペーサーはマザーボードから取り外し、残りのねじで固定します。
スペーサーはしっかりとケースに取りつけますが、マザーボードを取りつけるねじはあまり強く締めすぎないようにしましょう。マザーボードが破損する恐れがあります。
 
マザーボードの取りつけ   





マザーボードの取り付け完了です。




次へ>>
<<前へ


序章 組み立てる前の準備
一章 CPUの取り付け
二章 メモリの取り付け
三章 マザーボートの固定
四章 ビデオカードの取り付け
五章 ドライブの固定
六章 電源の取り付け
七章 各種ケーブル接続
八章 キーボード、マウス、ディスプレイなどの接続
九章 動作チェック
十章 OS、ドライバーのインストール


HOMEへ戻る




Copyright (C) 2006 Hiroaki Hasimoto All right reserved.