簡単! レザークラフト入門

お知らせ一覧

お知らせ一覧

シックなデザインのキーケースの作り方

型紙と作り方

シックなデザインのキーケースの作り方を紹介します。 紹介しているコインケースの原寸大型紙は580円にて販売しております。 >>型紙のご購入 型紙プレゼント実施中! ただいま型紙プレゼントキャンペーン実施中! […]

革包丁のケースを作る~現物合わせの型紙の作り方

製作記

24mm幅の小さな革包丁を購入したので早速ケースを作ってみました。 型紙作り 革包丁のラインを厚紙にトレースしてカットします。 このように革包丁の原型を作ります。 トレースした原型を元に、革の型紙を作ります。 原型を転写 […]

ヌメ革の立体成形で革砥ホルダーを作ってみた。

製作記

今回はヌメ革を使った立体成形でホルダーを作ってみることにします。 今回は革砥のホルダーケースを作ってみます。 革砥の作り方はこちら→「ナイフの切れ味が格段にアップ!革砥の作り方」 立体成形では、染色されていないヌメ革が作 […]

高性能な静音・菱目打ち機~音の出ない菱目打ちの方法

製作記

レザークラフトはハンマーで縫い穴を叩いてあける必要があるのでとても大きな音が出ます。 そこで前回、安価なドリルスタンドを使って菱目打ちを行ったのですが、ピッチの大きな菱目打ちで穴を空けるには力が必要です。体重を乗せないと […]

バッグチャームのキットをいただいたので作ってみた

製作記

とあるショップで革を購入したらバッグチャームのおまけが入っていました。 こんな感じの簡単なキットです。 ベルトの裏面は毛羽立っていて、そのままでは耐久性がありません。 バッグチャームのベルト部分はトコノールで磨くことにし […]

コバの磨き方とコツ

基礎テクニック

コバの磨き方についてヌメ革を使って紹介します。 ↓このようなヌメ革のハギレを使って実際にコバを磨いていきます。 コバのヘリを処理する まず、コバのヘリをへりおとしを使って角を取ります。 ヘリ落としはSEIWAやクラフト社 […]

【アイロン仕上げ】とは?(レザークラフト用語集)

専門用語

アイロン仕上げはプレスまたはプレート仕上げとも呼ばれます。 革を加熱・加圧することで、革の表面を平坦にし、つやを出す仕上げ処理のことです。 革専用のアイロンを使って処理をするため、家庭用のアイロンで同じことをしようとして […]

【デシ(ds)】とは?(レザークラフト用語集)

専門用語

デシとは革の面積を表した単位です。 1デシ(ds)とは、10cm×10cmの正方形の面積と同等です。 2デシ(ds)は10cm×20cmの面積と同等です※2ds=10cm×20cmではありません。あくまで面積の単位です […]

【半裁】とは?(レザークラフト用語集)

専門用語

半裁とは 一頭分の革を背中から切り分けた革のことを半裁と言います(一頭分の革は丸革と言う)。つまり、一頭分の革から、2枚の半裁が取れることになります。 ちなみに、一般的な成牛の半裁は横幅が2メートル以上、縦は1メートル以 […]

ペンケースNo.02の作り方

型紙と作り方

三角型のほっそりとしたスマートなペンケースを作ってみました。 本体サイズ 長さ18.5cm×高さ6cm×幅3.5cm 原寸大型紙は500円にて販売しております。 型紙プレゼント実施中! ただいま型紙プレゼントキャンペーン […]

1 2 3 5

クラフト道具セット

Infomation
おしらせ

シックなデザインのキーケースの作り方

革包丁のケースを作る~現物合わせの型紙の作り方

ヌメ革の立体成形で革砥ホルダーを作ってみた。

高性能な静音・菱目打ち機~音の出ない菱目打ちの方法

バッグチャームのキットをいただいたので作ってみた

一覧

sponsored link
スポンサーリンク

Facebook
フェイスブックのページ

Twitter
ツイッターのページ

sponsored link
スポンサーリンク