簡単! レザークラフト入門

ラウンドナイフのケースを作る

ラウンドナイフのケースを作る

スポンサーリンク

革で作ったラウンドナイフのケース

自作したラウンドナイフのケース

ラウンドナイフのケースを作ってみようと思います。

ラウンドナイフに合わせて型紙を作る

まず、ラウンドナイフの円に合わせて型紙を作りました。
半径5mm間隔で同心円を描き、ラウンドナイフを重ねておおよその半径を割り出します。
手持ちのラウンドナイフはおおよそ直径13cmのナイフということが判明。
ラウンドナイフの直径を計る

ラウンドナイフより一回り大きい、14cmの円に型紙をカットし、柄の部分をなぞっておおよその形状を転写します。
ラウンドナイフの形状を型紙に写す

柄のくびれ部分にホックを取付けるため、型紙はこんな形状にしてみました。
ラウンドナイフに合わせて作った型紙

スポンサーリンク

革に型紙を写す

革に型紙をに写す道具の紹介と、きれいに型紙を写す方法を説明します。 必要なもの 型紙(市販の型紙集)や自作した物 工作用紙 革(最初は、はぎれのセッ
出来上がった型紙を目打ちを使って革に写しとります。
型紙を革に写す

裁断

革の裁断方法を紹介します。 まず、事前に厚紙で型紙を作り、目打ちなどで革の銀面に型紙を写して裁断の準備をします。 http://jisaku-pc.net/leather/le
カッターやラウンドナイフなどで、革を裁断します。
型紙通りに革を裁断する

ヘリ落としで、一通りヘリを切り取っておきましょう。
ヘリ落としでヘリの処理をする

部品一覧

型紙通りに裁断した革2枚、幅約13mm×長さ約150mmに裁断したベルト、10mmばねホック一組を用意します。
型紙通りに裁断した材料

スポンサーリンク

ホックの取付

ベルトにホックのダボ(凸側)を取り付けます。
ホックに合わせてパンチで穴をあけます。
パンチでホックを取り付ける穴をあける

後からホックの留め具を挿入し、表側からダボを被せます。
ホックを穴に挿入

ホック専用の打ち棒を使い、ハンマーで叩いて固定します。
ホック専用の打ち棒を使って固定する

ホックのダボを取り付けたら、ベルトの長さを現物合わせします。
裁断した革でラウンドナイフを挟み、ベルトを巻き付けてホックの取り付け位置を決めます。
ナイフケースに留め具を巻き付け、ホックの穴位置を確認する

パンチで穴をあけ、ホックのばね側を取り付けます。
ばねの留め具は丸みを帯びているので、専用の打ち台を用意し、留め具と形状の一致する溝に乗せます。
膨らんでいる留め具は専用の打ち台を使う

ばねホックを専用の打ち棒を使って固定します。
ばねホック用の打ち棒を使って固定する

長さに合わせて余分な革をカットすればベルトの出来上がり。
専用工具を使えば綺麗にホックが留められれる

スポンサーリンク

コバの処理

アクリル系のスーパーコバをコバに塗布します。
(ただし、ケースの半円部には塗布しない)
コバの処理をする

ネック部分にボンドを塗布し、ベルトを接着します。
(これはあくまで仮固定です。)
ケースにベルトを接着

ベルトを接着したら接着剤が乾くまで待つ

ライン引き

レザークラフトの手縫いの場合、革が固くて直接針を通すことができません。 そこで、あらかじめ縫い穴をあけるのですが、綺麗で直線な穴をあけるためのガイドラインを引いてそのラインに沿っ

ベルトを縫うためのラインを引きます。
ベルトのコバから3mmのところに線を引きました。
縫い穴のラインを引く

菱目打ちで穴をあける

レザークラフトの縫い穴のあけ方について紹介します。 革は厚くて硬いので針が通りません。そこで、あらかじめ革に縫い穴をあけてから糸を通します。 穴をあける道具は「菱目打ち」と呼ば

位置は目測です。割と適当~
ラインに沿って菱目打ちで穴をあける

縫い穴をあけたもの

糸で縫い合わせる

スポンサーリンク

レザークラフトの縫い糸の通し方について説明します。 レザークラフトでは、糸の両端に針を付けるので、針は2本用意し、糸は縫い代の3~4倍程度の長さにカットします。 必要な
縫い穴をあけた革を綺麗に縫い合わせる、”手縫い”はレザークラフトの醍醐味の一つ! レザークラフトでは、糸の縫い目が作品の一部であり、作品の出来に大きく影響するといっても過言ではあ
ベルトを縫って完全に固定します

ケースのフチ(3mmほど)にボンドを塗布し、貼り合わせて仮組します。
ラウンドナイフケースの表と裏を接着剤で仮組

同様にライン引きして、菱目打ちで縫い穴を作ります。
ラウンドナイフケースに縫い穴のラインをつける

菱目打ちは、曲線が比較的なだらかなので4本目を使いました。
↓特に違和感はありません。
ラインに沿って菱目打ちで穴をあける

ぐるっと半周縫い合わせていきます。
ケースを縫い合わせます

トコノールで未処理のコバを磨けば完成です。
コバにトコノールを塗布し、磨いて仕上げます

完成しました。
完成したケース

ラウンドナイフケースの内側

ケースにラウンドナイフを入れる

自作したケースはサイズも丁度良く作ることができました

記事がお役に立ちましたら、応援よろしくお願いします

関連記事

Sponsored link

クラフト道具セット

Infomation
おしらせ

バッグチャームのキットをいただいたので作ってみた

コバの磨き方とコツ

【アイロン仕上げ】とは?(レザークラフト用語集)

【デシ(ds)】とは?(レザークラフト用語集)

【半裁】とは?(レザークラフト用語集)

一覧

sponsored link
スポンサーリンク

Facebook
フェイスブックのページ

Twitter
ツイッターのページ

sponsored link
スポンサーリンク