簡単! レザークラフト入門

超小型キーケースの作り方

超小型キーケースの作り方

スポンサーリンク

シンプルで超小型のキーケースの作り方を紹介します。
レザークラフト - 小型キーケース
キーケースの原寸大型紙は280円にて販売しております。

型紙プレゼント実施中!

ただいま型紙プレゼントキャンペーン実施中!
詳しくは、お問い合わせページを参照ください。

[材料]

使用する材料は一例です。お好みの色やレザーを自由に選んでください。

レザークラフト用のヌメ革
最適な厚みは型紙に記載しています。
色はお好みで。

【黒ニッケル】 バネホック中 10ミリ 10組セット
【黒ニッケル】 バネホック中 10ミリ 10組セット 420-10

ニッサチェイン 平キーリング25mm No.135 バフニッケル
ニッサチェイン 平キーリング25mm No.135 バフニッケル

蝋引き糸 ロウ引き糸 60m よく使うナチュラルカラー3個セット ワックスコード 紐 糸 (ライトナチュラル) (Harvestmart)
蝋引き糸 ロウ引き糸 60m よく使うナチュラルカラー3個セット ワックスコード 紐 糸 (ライトナチュラル) (Harvestmart)

スマートキー専用金具【組ネジ】【ポンネジ】軸の直径3ミリ

スポンサーリンク

[作り方]

革の裏面(床面)を磨く

革の裏側(ざらざらしている面)を床面といいます。床面は革が毛羽立ち、そのままでは肌触りや質感が良くありません。今回作るキーケースは一部裏面が見えるので、床面を磨いて見た目を良くしましょう。
床面の磨きは革を裁断する前に行い、使用する寸法の1まわりほど広く磨きます。

床面を磨くには、トコノールを使います。トコノールはコバを磨く際も使います。
レザークラフト用 床面仕上剤 トコノール 120g 無色
レザークラフト用 床面仕上剤 トコノール 120g 無色

革の床面に、トコノール指ですくって、大まかに革の表面に伸ばします。
机に傷などがついていると革の表面(銀面)にも傷がついてしまいます。銀面を保護するため、布や紙を一枚敷くとよいでしょう。
トコノールを指で塗布する

レザークラフト用の角が丸くなっているガラスや、プレススリッカーなどを使ってトコノールを床面全体に伸ばします。この時、トコノールが革の表面(銀面)に付着しないように注意しましょう。
革全体に均一に塗布できたら、少し力を入れて磨くと毛羽立ちがなくなり光沢が出てきます。
トコノールを床面に均一に伸ばす

磨いた床面の比較です。
磨くことで光沢が出て表面がつるつるになります。(銀面ほど均一にはなりませんが・・・)
磨く前の床面と磨いた後の床面の比較

型紙を写す

スポンサーリンク

型紙をダウンロードして、紙に印刷します。
印刷用紙は薄くて使いにくいので、厚紙に張り付けると使いやすいと思います。

型紙を作ったら、革の銀面の上に乗せ、目打ち銀ペンで型を写します。
型紙がずれないようにしっかりと手で押さえます。
型紙を革に写す

革の裁断

型を写したら、革を裁断します。
使用する刃物は工作用のカッターを使います。刃先は良く切れるものを使用します。
直線の裁断は、金属製の定規などをガイドに使うときれいな直線にカットできます。
一度にカットしようと力を入れると革が伸びてまっすぐに裁断できません。軽い力で何回かに分けるときれいにカットできます。
直線の裁断は定規をガイドにするとまっすぐ切れる

曲線の裁断は、カッターを鉛筆のように持ちます。
カッターを動かすのではなく、革の方を動かしながら、手前に引くように裁断すると扱いやすいです。
曲線のカットはカッターを動かすのではなく、革を動かすときれいに裁断できる

革の素材のほか、キーリング、ばねホック、スマートキー用の組ねじを使います。
特にスマートキー用の組ねじは軸径が3mmなのでほとんどのキーの穴に対応しています。(レザークラフト用として組ねじが販売されていますがこちらは軸径が4mmもあるので入らないことがあるので注意。)

ヘリとコバの処理

革のヘリはクラフト社 革工具 へりおとしで処理します。角を落とすことで耐久性が増し、肌触りも良くなりますから必ず処理しましょう。

へりおとし

ヘリを落とします。
ヘリの角を落とす

ヘリを処理したら、コバの処理をします。
コバはトコノールを塗布して磨いても良いのですが、耐久性の高いコバスーパーを使ってみることにしました。
革の色に合わせてダークブラウンを使いましたがナチュラル、黒、赤など様々な色があるので使用する革に合わせた色を使いましょう。
コバの処理に用いた「コバスーパー」

コバスーパーはそのまま塗布するだけでつやが出るのですが、面が凸凹していると見た目が悪いので下処理します。
コバに少量の水を塗り、研磨します。
コバに水をつける
プレススリッカーで磨くとコバが滑らかになり、つやが出てきます。
コバを磨く

楊枝や綿棒などでコバスーパーを塗ります。
コバスーパーを塗る

スポンサーリンク

パンチで穴をあける

パンチを使ってばねホックと組ねじの穴をあけます。
2mm~3mmの穴をあけました。ホックや組ねじがぴったり合う大きさを実物を見ながら適切な穴をあけます
下のようなパンチセットを一つ用意しておくと便利です。
ストロングツール(Strong TooL) 取替式パンチセット 6ピース 05493
ストロングツール(Strong TooL) 取替式パンチセット 6ピース 05493

パンチでホックを取り付ける穴をあける

ばねホックの取付

ばねホックを取り付けます。
カシメやホックは大きさや形状に合わせた専用の工具が必要です。下のようなセットならほとんどのカシメに対応できるので便利です。
オールマイティープレート付 【10セット】
オールマイティープレート付 【10セット】 ホック打ち カシメ打ち 大 中 小 ハトメ 菊割り 打ち具 打ち台 レザークラフト 工具 道具
床面側にばねホックの凹を挿入します
ばねホックを取り付ける

ばねホックのカシメは膨らんでいるのでそのまま木槌でたたくとつぶれてしまうのでレザークラフト用 金具打具を使います
打ち目台を使う

ばねホックのふくらみに合う箇所を使います。
ホックのふくらみが一致する部分を使う

ばねホック用のカシメ打ちです。
このように独特の形状をしています。
ばねホック用のカシメ打ち

専用工具を使って木槌で打ち付けて固定します。
一度に打ち込むと位置がズレてしまうことがあります。徐々に力を入れながら固定するのがポイントです。
ばねホックをカシメ打ちで固定する

適切な工具を使うことで金具に傷もつかず、きれいに仕上がります。
専用の工具を使えば綺麗に固定できる

ばねホックのダボを取り付けます。
床面側からダボの足(長細い突起がある方)を挿入します。
ダボ側のホックを装着する

銀面にダボを挿入し、ダボ専用のカシメ打ちを使って固定します。
ダボ専用のカシメ打ちで固定する

スポンサーリンク

革の接着

キーリングを取り付けます。
部品Bの端(5mm程度)にボンドを薄く塗布。型紙を参考に所定の位置に接着します
革に少量の接着剤を塗布

縫い穴をあける

菱目打ちで縫い穴をあけていきます。今回は5穴あければよいのでラインは引かず、目測で穴をあけました。
菱目打ちの使い方は、「縫い穴のあけ方」を参考にしてください。

レザークラフトの縫い穴のあけ方について紹介します。 革は厚くて硬いので針が通りません。そこで、あらかじめ革に縫い穴をあけてから糸を通します。 穴をあける道具は「菱目打ち」と呼ば
菱目打ちで縫い穴をあける

折り返し、反対側の穴位置を目打ちなどで印を付け、穴をあけます。
裏側も同様に穴をあける

 

縫い合わせ

縫い穴をあけたら糸で縫い合わせます。
ちなみに、教科書通りなら、縫い糸は縫う箇所の長さの4倍ほどの長さにカットします。ただし、今回のように距離が短いと糸も短く縫いにくいでしょう。縫い糸は最低でも30cmは確保したほうが効率的です。
縫い糸の処理と糸の通し方については「縫い糸の通し方」を参考にしてください。

レザークラフトの縫い糸の通し方について説明します。 レザークラフトでは、糸の両端に針を付けるので、針は2本用意し、糸は縫い代の3~4倍程度の長さにカットします。 必要な
針と糸を準備する

当然ですが、縫う前にキーリングは通しておきましょう。
レザークラフトの縫い方は、「キーホルダーを作る」にて詳しく説明しているので割愛することにします。

負荷のかかる部分なのでしっかりと縫い合わせます。
これでほぼ完成です。

キーの取付

キー用の組ねじを2.5mm穴側に通します。
ウルトラ多用途接着剤で接着しても良いでしょう。
キーホルダーの金具を取り付ける

キーケースには6~7枚ほど鍵が入ります。
収納する鍵が少ない場合、はぎれを使ってスペーサーを作り、キーとキーの間に挿入すると遊びがなくなります。

ちなみに、ねじ側は金属ワッシャーを挟むと革が動かなくなります。
今回使用する組ねじなら、m2ねじ用のスペーサーが丁度良いです。
ワッシャーを使うと革に負荷がかからず丈夫に使える

ねじを締めれば完成です。
キーケースのねじを止めれば完成

完成しました

スポンサーリンク

手に収まる小さなキーケース

キーケースの正面

キーを出してみた

小型キーケースでも6枚から7枚のカギが入る

使うカギがさっと取り出せる

関連記事

Sponsored link

クラフト道具セット

Infomation
おしらせ

シックなデザインのキーケースの作り方

革包丁のケースを作る~現物合わせの型紙の作り方

ヌメ革の立体成形で革砥ホルダーを作ってみた。

高性能な静音・菱目打ち機~音の出ない菱目打ちの方法

バッグチャームのキットをいただいたので作ってみた

一覧

sponsored link
スポンサーリンク

Facebook
フェイスブックのページ

Twitter
ツイッターのページ

sponsored link
スポンサーリンク