簡単! レザークラフト入門

キーケースの作り方

キーケースの作り方

スポンサーリンク

簡単に作れるキーケースの作り方を紹介します。
レザークラフト キーケースの作り方
紹介しているコインケースの原寸大型紙は280円にて販売しております。

型紙プレゼント実施中!

ただいま型紙プレゼントキャンペーン実施中!
詳しくは、お問い合わせページを参照ください。

[材料]

使用する材料は一例です。お好みの色やレザーを自由に選んでください。

レザークラフト用のヌメ革
最適な厚みは型紙に記載しています。
色はお好みで。

協進エル 附属金具 コバホック 18mm 5コ入 ニッケル 1175404-01 75404-01
dsc_7154

M2840-AG キーケース用キーホルダー金具 4連タイプ アンティークゴールド 10個入 [33]
M2840-AG キーケース用キーホルダー金具 4連タイプ アンティークゴールド 10個入 [33]

蝋引き糸 ロウ引き糸 60m よく使うナチュラルカラー3個セット ワックスコード 紐 糸 (ライトナチュラル) (Harvestmart)
蝋引き糸 ロウ引き糸 60m よく使うナチュラルカラー3個セット ワックスコード 紐 糸 (ライトナチュラル) (Harvestmart)

スポンサーリンク

[作り方]

革の裏面(床面)を磨く

革の裏側(ざらざらしている面)を床面といいます。床面は革が毛羽立ち、そのままでは肌触りや質感が良くありません。今回作るキーケースは一部裏面が見えるので、床面を磨いて見た目を良くしましょう。
床面の磨きは革を裁断する前に行い、使用する寸法の1まわりほど広く磨きます。

床面を磨くには、トコノールを使います。トコノールはコバを磨く際も使います。
レザークラフト用 床面仕上剤 トコノール 120g 無色
レザークラフト用 床面仕上剤 トコノール 120g 無色

革の床面に、トコノール指ですくって、大まかに革の表面に伸ばします。
机に傷などがついていると革の表面(銀面)にも傷がついてしまいます。銀面を保護するため、布や紙を一枚敷くとよいでしょう。
床面にトコノールを塗布する

レザークラフト用の角が丸くなっているガラスや、プレススリッカーなどを使ってトコノールを床面全体に伸ばします。この時、トコノールが革の表面(銀面)に付着しないように注意しましょう。
革全体に均一に塗布できたら、少し力を入れて磨くと毛羽立ちがなくなり、光沢が出てきます。
ガラス板などでトコノールを均一に伸ばす

磨いた床面の比較です。
磨くことで光沢が出て表面がつるつるになります。(銀面ほど均一にはなりませんが・・・)
トコノールで磨く前と、磨いた後の比較

型紙を写す

スポンサーリンク

型紙をダウンロードして、紙に印刷します。
印刷用紙は薄くて使いにくいので、厚紙に張り付けると使いやすいと思います。

型紙を作ったら、革の銀面の上に乗せ、目打ち銀ペンで型を写します。
型紙がずれないようにしっかりと手で押さえます。
型紙がズレないようにしっかり押さえ、目打ちで型紙を写す

革の裁断

型を写したら、革を裁断します。
使用する刃物は工作用のカッターを使います。刃先は良く切れるものを使用します。
直線の裁断は、金属製の定規などをガイドに使うときれいな直線にカットできます。
一度にカットしようと力を入れると革が伸びてまっすぐに裁断できません。軽い力で何回かに分けるときれいにカットできます。
直線の切断は定規をガイドにするとまっすぐカットできる

曲線の裁断は、カッターを鉛筆のように持ちます。
カッターを動かすのではなく、革の方を動かしながら、手前に引くように裁断すると扱いやすいです。
曲線はカッターを動かすのではなく、革の方を動かすとうまく行く

今回作るキーケースは4つの部品から構成されています。内側に張り付ける革の色を変えてみました。
ちなみに、曲線部は一部カットしていません。貼り合わせてから裁断することにしました。
キーケースの部品一覧

スポンサーリンク

ヘリとコバの処理

下の写真は今回作るキーケースの完成写真です。
赤線部のコバは仮止めしてからでは処理できないので事前にヘリを落とし、コバを磨いておきましょう。
最初にコバを磨く
革のヘリはクラフト社 革工具 へりおとしで処理します。角を落とすことで耐久性が増し、肌触りも良くなりますから必ず処理しましょう。

クラフト社 革工具 へりおとし No.1 0.8mm 8421-01

ヘリを落とします。
ヘリ落としでヘリを処理する

ヘリを処理したら、コバを磨きます。
コバにトコノールを塗布し、5分程度乾かしたら、余分なトコノールをふき取ります。
プレススリッカーなどで磨いても良いですが、はぎれなどを利用しても同様に磨けます。
コバにトコノールを塗布し、はぎれなどで磨く

革の接着

コバ処理が終わったら、革のパーツを接着します。
(ただし中央のパーツは剝がすので仮止めにします)

床面を磨いているので接着力は低下しますが負荷がかかる部分ではないのでそのまま接着することにします。
(ちなみに、強固に接着するにはカッターの背を利用して接着面をけば立てます。)
接着剤にGクリアーを使いました。
キーケースの内側に革を貼りつけます

両サイドの部品を接着しました。
両サイドに革を貼りつけます

中央の部品は、仮止めなので木工用ボンドを少量塗布して接着します。接着力の弱い両面テープを使っても良いでしょう。
中央部はボンドを少量塗布し、剝がせるようにしておきます。

余っている革の処理

スポンサーリンク

接着剤が完全に固化したらはみ出ている革をカッターを使って丁寧にカットしていきます。
必要に応じて200番~400番程度の紙やすりを使ってやすり掛けすると貼り合わせ面が滑らかになります。(やすり掛けすると毛羽立ちますがコバを磨けばきれいになるので大丈夫)
曲面のはみ出ている部分をナイフで処理します。

ガイドラインを引く

縫い穴のガイドラインを引きます。曲線部が多いので、ステッチンググルーバーを使ってみました。
SEIWA マルチステッチンググルーバー

ステッチンググルーバーは、使用する菱目打ちのピッチ間隔とします。
今回、ピッチ間隔が3mmの菱目打ちを使うので、ねじ捻りも3mmに合わせます。
ガイドとチップの間隔を3mmに調整する

革にガイドラインを引くときは、ガイドをコバにあてがうことで、コバと平行なラインが引けます。
コバにガイドを宛がい、平行なラインをつけます

ライン引きは、間違うと銀面に傷をつけてしまうことになります。
慎重に作業しましょう。
ラインがズレないように、ゆっくり丁寧にラインを引いていきます

ちなみに、直角部のマーカーは最後まで引いてしまうと、縫いしろ以外の部分に線が残ってしまいます。
縫い代以外の部分にラインを引かないように注意

少し手前で止めると良い
直角に交わる部分は手前でラインを止めます

縫い穴をあける

ラインに沿って菱目打ちで縫い穴をあけていきます。
菱目打ちの使い方は、「縫い穴のあけ方」を参考にしてください。
ライン通りに菱目打ちで穴をあけます

菱目打ちを使って、ぐるりと一周縫い穴をあけました。
キーケースをぐるりと一周穴をあけました

スポンサーリンク

カシメを用いたキーホルダーの取付

キーホルダーを取り付けます。
キーホルダーの固定にはカシメと呼ばれる金具を使います。
カシメは表側と裏側で一組になっています。
今回使うカシメは、裏側のフランジ部が平らで突起が細長く、表側のカシメはフランジ面がふっくらしていて突起が太く短いのが特徴です。
カシメの表側と裏側の違い

カシメは裏と表を組みにしてはめ込み、打ち込むことで仲がつぶれることで抜けなくなります。
一度取り付けたら取り外せないので、慎重に作業しましょう。

カシメの模式図

まず、革にカシメを取り付ける穴をあけます。
仮止めしていた真ん中の革をはがします。(剝がす前に印をつけておくと作業しやすくなります)
仮止めした真ん中の革を取り外す

型紙と重ね、目打ちなどで穴位置に印をつけます。
型紙の穴位置を写す

パンチで丸穴をあけます。2.5mm位の穴をあけましたが、実物を見ながら適切な穴をあけます
下のようなパンチセットを一つ用意しておくと便利です。
ストロングツール(Strong TooL) 取替式パンチセット 6ピース 05493
ストロングツール(Strong TooL) 取替式パンチセット 6ピース 05493

パンチで穴をあける

パンチを軽く押し当てると跡が付きますから、印の中心に穴が開くか確認できます。
菱目打ちと同様、木槌でたたいて穴をあけます。
パンチは押し付け、中心部に穴が開くか確認します

穴が開きました。
パンチをハンマーでたたくと穴が開きます

キーホルダーの下穴とも一致していることを確認しました。
キーホルダーの金具と穴位置を確認します

カシメを打ち付けるには専用のカシメ打ちを使います。
カシメのふくらみに合わせて凹んでいることが分かります。
専用のカシメ打ちを使って金具を固定します

スポンサーリンク

カシメの大きさや形状、さらにはホックを取り付ける場合にも専用の工具が必要なので、下のようなセットがあると便利です。
オールマイティープレート付 【10セット】
オールマイティープレート付 【10セット】 ホック打ち カシメ打ち 大 中 小 ハトメ 菊割り 打ち具 打ち台 レザークラフト 工具 道具

木槌を使ってたたいていきます。
打撃によってカシメや金具が動いてしまうことがあるので、様子を見ながら徐々に力を入れながら打ち込みます。
一度に打ち込まず、様子を見ながら少しづつ力を入れます

キーホルダーの金具が取り付けられました。
金具にゆるみがないか確認し、問題なければ革をもとの場所に接着します。
(縫い穴がずれないように気を付けましょう)
うまく取り付けられました

縫い合わせ

縫い糸は縫う箇所の長さの4倍ほどの長さにカットします。
縫い糸の処理と糸の通し方については「縫い糸の通し方」を参考にしてください。
針と糸を準備します

縫いはじめはコバホックを取り付ける部分にします。
コバホックで縫い代が隠れるので、糸の始末が隠れて好都合です。
レザークラフトの縫い方は、「キーホルダーを作る」にて詳しく説明しているので割愛することにします。
縫いはじめはコインケースの中央部から

一通り縫い終わりました。
表側↓
外周を縫います

裏側↓
キーケースの内側

 

外周部のコバ処理をします。
ヘリを落とす→トコノールを塗布→磨く
コバにトコノールを塗布

光沢が出るまで丁寧に磨いていきましょう。
コバを磨くとつやが出て作品の仕上がりも良くなります。

縫い目をハンマーでたたいて馴染ませます。
使用するハンマーは頭に傷がなく、平坦なものを使います。
縫い目をハンマーで軽くたたいて馴染ませる

馴染ませることで、縫い目のシワがなくなり、見た目が良くなります。
縫い糸が革の中に隠れるので摩耗にも強くなります。
左:未処理の状態 右:叩いて馴染ませたもの

コバホックのダボ側を取り付けます。
コバに挟んで固定するので特に加工の必要はありません。
コバホックを取り付ける

スポンサーリンク

コバホックの取付には、スナップ打を使います。
スナップ打

スナップ打は真ん中にホックの凸を逃がす穴が開いています
カシメと同じ要領で木槌でたたいて固定します。
コバホック専用の打ち具

ばねホック側を取り付けます
こちらは下穴をあける必要があります。
型紙には下穴位置を記載していますが、使用する革の厚さや収納する鍵サイズにより適切な位置を微調整してください。
ばねホック側の穴をあけます。

ばねホック用のカシメ打ちです。
このように独特の形状をしています。
ばねホック専用のカシメ打ち

様子を見ながら徐々に力を入れながら打ち込んでください。
様子を見ながら徐々に打ち込む

完成しました

スポンサーリンク

完成したキーケース

キーケースの内側

キーケースを持つ

鍵をつける

 

関連記事

Sponsored link

クラフト道具セット

Infomation
おしらせ

シックなデザインのキーケースの作り方

革包丁のケースを作る~現物合わせの型紙の作り方

ヌメ革の立体成形で革砥ホルダーを作ってみた。

高性能な静音・菱目打ち機~音の出ない菱目打ちの方法

バッグチャームのキットをいただいたので作ってみた

一覧

sponsored link
スポンサーリンク

Facebook
フェイスブックのページ

Twitter
ツイッターのページ

sponsored link
スポンサーリンク